岡崎にある京都府立図書館はお薦めスポットの一つですが、先日ここの映画関係の書架で、四方田犬彦/鷲谷花編「戦う女たち-日本映画の女性アクション」(作品社)という主に東映アクション映画を論じた本を見つけた。私は高倉健の「唐獅子牡丹」シリーズや師菅原文太の「仁義なき戦い」、その他のお下品なB級東映映画を子守唄として大きくなった人間ゆえに、この手の本にはうるさい方ではある。

「緋牡丹お竜論」、「志保美悦子論」ズラリ並んでいる。しかも、論者は女性が中心の構成。「ふん、女だてらにアクション映画なんぞ、書きおって。小便臭い場末映画館で観たことないくせに」と高飛車かつ高慢極まりない態度でページをめくった。

しかし、「ごめんなさい」私が悪うございました。

斎藤綾子先生(急に先生になる)の藤純子の任侠映画シリーズ「緋牡丹お竜論」は、お見事の一言でした。ジェンダーコードとアクションコードそしてメロドラマコードを駆使しての藤純子という1人の女性が演じる緋牡丹のお竜が、100%男性をターゲットにしたプログラムピクチャーの中でお竜の世界を構築し、限界まで到達し、きっぱりと去ってゆくまでを論じているが、よくここまで映画を読み込んだー正確には観こんだかーと感服いたしました。先生は、現在明治学院大学で教鞭を取る一方で、「映画女優 若尾文子」(みすず書房)、「男たちの絆、アジア映画」(平凡社)等の映画関連の書物を出版されている。是非、我が店の書架にも揃えたいものだ。

もう一つ真魚八重子先生の「気高き裸身の娘たちー東映ピンキーブァイオレンス」論は、ご尊顔をぜひ拝し奉りたい眩しさに満ちていた。 池玲子のーと言っても誰もしらんだろうな〜ー「恐怖女子高校 暴行教室」に始まり、杉本美樹の「温泉スッポン芸者」、「やくざ刑罰史 リンチ!」そして梶芽衣子の「女因さそり」とタイトルだけでそのお下劣さが解る作品を俎上にのせて、女の圧倒する肉体を論じてゆく。この手のB級路線の映画をこれ程深く愛してーもちろん私も愛していたがー、論じたものは他にはないと思う。あだ花的ジャンルの一群の映画として切り捨てるのではなく、一つ一つの作品への真摯な批評がされている。

やくざ映画にしろB級ポルノ、バイオレンス映画にしろ、それらを単なるオタク的情報のまき散らし散文にすることなく、検証し、考察したこれらの論は、論者たちの研究心の逞しさと、果てしない探究心を見せつけ圧巻でした。

しかし、どこのレンタルビデオ店にも藤純子の本シリーズがない。まして、セルDVDも皆無という現状は、どうなってるの?関係者の改善を強く求めるものである!(店主)

Tagged with: