せどり屋という職業、ご存知でしょうか。まぁ、フツーの人はご存知ないでしょう。私も、古本屋するまで知りませんでした。

簡単にいうと、古本市やら、古本屋回って高く売れそうな本を探し出し、他の古本屋に売り込む商売です。ま、私も含めて、本を集める時に、古本市で100円均一コーナー、やら1冊500円、三冊で1000円みたいなコーナー、全国規模の古本チェーン某ブ書店の100コーナーを回って集めます。そんな時、必ず恐ろしい殺気で本を漁っている人を見かけます。おそらく、せどり屋さんか、同業の古本屋さんです。最近では、携帯電話でその本の相場をチェックしながら、棚をしらみつぶしに見ている人も大勢います。

で、このせどり屋さんが実は小説になっています。梶山季之の、タイトルもズバリ「せどり男爵数奇譚」(昭和49年桃源社1200円初版です)という連作小説。「セドリカクテル」なんてけったいなカクテルまで登場します。

また、最近話題の「ビブリア古書堂の事件手帖」にも、せどり屋さんみたいな人物が登場し、サンリオ出版の貴重なSF文庫を探して来るシーンがありました。

先日、よく行く100円均一の古本市で、筑摩、岩波、中公という古本屋好みの文庫が詰まっているケースの前で、不動の姿勢で片っ端からチェックしている御仁を見かけました。その手さばきの見事なこと。これもまた、プロですね。で、そのケースにあった、私がねらっていた本は軒並み持っていかれました。

そう言えば、我が店にもレアな本が一冊入ってきました。戦前から戦後にかけての京都映画界を勉強するなら、絶対読まねばならない「千本組始末記」(海燕書房)です。「千本組の親分」こと笹井末三郎という男の話。私はアナキスト大杉栄の本を読んでいる時に、この男の存在を知りました。その後、大映の化物プロデューサー、永田雅一のノンフィクションにも登場します。面白いことこの上ない一冊です。大体2万円前後で販売されている本ですが、15000円で販売中。二度と入荷しないでしょう。