ルポライター竹中労の文章を愛していました。

ルポライターとしての彼の生涯のベスト的作品は「美空ひばり」(ちくま文庫版700円)、「聞書アラカン一代」(白川書院初版2000円)です。しかし、私が最も気に入っていたのは、雑誌「キネマ旬報」での芸能レポートでした。その中で、何度か口にしていた「たかが映画、されど映画」というフレーズでした。このフレーズを気に入り、「映画」の部分を変えて、何度か口にしたことがあります。

新刊書店員時代、この温厚で、臆病な私が、一度だけキレたことがありました。とあるパーティで、書店業界では高名な先輩のお話を聴いておりました。業界のために言っておきますが、私の知る限り、書店員は、よくもまぁ、あんな安月給、長時間労働にもかかわらず、心優しく、高慢のかけらもないという人たちでしたが、こいつは違いました。おそろしく、プライドが高く、どこかで本を売ってやっている(まぁ、全国規模の大型書店のエリート幹部でしたから)みたいな、文芸書売れない書店員は書店員にあらず、みたいな野郎でした。

「米を作るでもなく、牛乳を搾るでもなく、ましてや家を建てるでもないのに、そんな偉いか、書店員が!このくそガキが!!」と、迫り、「たかが本やろ」と吐き捨てるつもりでしたが、温厚な性格が邪魔をして、「たかが本」とだけ言ったものですから、二度としゃべってもらえませんでした。

今、お店に600枚程のjazzのレコードがあることは、ブログでお話しました。ありがたい事に、熱心なファンの方にお越し頂いいております。時間をかけてご覧、あるいはご試聴されていますが、そのレコードを探しておられる後ろ姿を見ていると、今幸せ!というオーラが立ち上っています。もちろん、ゲットしたレコードを聴く楽しみもあるでしょう。でも、それを探している濃密な時間の豊かさを楽しんでおられる。

「たかがLP、されどLP」

幸福は物ではないんだ。時間なんだということですね。本もしかり。ゆっくり棚をみているお客様を見ていると、やはりそんな気がします。以前、本を物色されていたお客様から、ここにいたら時間の過ぎるのを忘れるよね、と言われました。

この小さな店が、そんな幸せな時間の演出場所であったら、店主としてこれ以上の幸せはありません。

 

 

Tagged with: