香川の島と陸をつなぐミニプレス「せとうち暮し」9号は美味しい!

特集は「島の台所」です。先ず、表紙をめくると、昭和40年代から50年代にかけての伊吹島でお昼ご飯を食べている女性達の写真が飛び込んできます。あっ〜、湯気が立っている!たった1枚の何気ない写真ですが、食事をする喜びと楽しさがバンバン伝わります。そして、こう書かれています。

瀬戸内の島々には、その島々ならではの味の記憶があります。 それは、島のお母さんたちが代々受け継いできた島で生きる知恵。

起きて、食べて、働き、眠る。一年365日、島の毎日を見守り続ける台所からは、どんな風景が見えるでしょう?

はい、人と自然が調和して、何も望まない生活が見えて来ます。(もちろん、あれが欲しい、これが欲しいという欲望はあるにせよ)

大将が獲ったタコで作る女将さんのタコ飯

香川県西部の塩飽諸島で、江戸時代から伝わる「茶粥」

いりこ島と呼ばれる伊吹島の味”ヨウショク”

どれも、食べたくなるものばかりです。昨今B級グルメの大会がお盛んですが、私はこちらの方を食べてみたいですね。そして、その後に続く特集が、島のお土産物。どれも、美味しそうなものばかりですが、「醤油サイダー」なんて飲んでみたいし、島で収穫されたジャムをトーストに塗ってみたいし、直島の塩で作ったおにぎりは、幾つでもお腹に入りそうです。

このミニプレスを出版しているのは、香川の小さな、小さな出版社ROOTS BOOKSです。けれど、「幸せに暮そうよ」というコンセプトのもと編集される紙面作りは、東京の大手出版社に負けません。そう言えば、もう十年程前に、食に関する出版社の集まりで、「食はすべて東京に集まるのよ」とかのたまわれたお美しい女性編集長がおられました。(その時は、お江戸の人はわかったはりまへんなぁ〜、と同じ在京の書店の方と頷き合ってましたが)あの方のお手元のこの雑誌をそっとお届けしたいものです。

我が店にはバックナンバーも揃えています。この本持って、瀬戸内巡りツァーなんて出来たら楽しいですよ。「せとうち島手帖」も付いて600円。安い!

Tagged with: