3月に開店して7ヶ月。

本屋の片方の壁面をギャラリーにしたところ、おかげさまで写真、アクリル画、水彩画、硝子など色々な作品展をさせていただくことができました。

この前の「ペーパークイリング」等、初めて知ったジャンルもありましたし、レコード展示は本屋の空間だからこそ実現したものでした。

幸い交通の便がよいところで(地下鉄烏丸御池下車、徒歩約7分)、それに2週間という期間は少し余裕があり、午後8時まで開けているのでお仕事帰りに立ち寄っていただけるようです。

 

今回初めて陶器を並べてもらいました。木のカウンターがそれに似合うだろうか、本屋の店でなじむのだろうかなど心配しましたが、高山氏のおかげであたたかな雰囲気の作陶展になりました。いつも夏に展覧会をする事が多いらしいのですが、秋の個展用に、土鍋やむっくりした感じの酒器、茶碗も新しく作ってもらえて、そして壁には秋の草花がきれいに入りました。

これまでも、一つ一つの作品展が勉強でしたが、また新しい展示ができてよかったです。

お世話になった作家の方々にこの場を借りてお礼申し上げます。これからもよろしくお願いいたします。(女房)

Tagged with: