また、珍しいレコードが入ってきました。「綿の国星」作詞:大島弓子 作曲&演奏:ムーンライダースです。LPの中に封入されているインナースリーブには大島弓子のイラストがふんだんに使用されています。発売は1980年。

漫画「綿の王国」は78年から87年に、『LaLa』に連載され、79年に、第3回講談社漫画賞少女部門を受賞しました。その後、84年にアニメーション映画として劇場公開されています。このLPですは、アニメ化される前に製作されたもので、アニメサントラでも何でもなく、独立した作品でした。残念ながら一度もCD化されずに終わったみたいです。ただ、サントラ盤と一緒の二枚組CDに、このLP丸ごと収録されていたことがありますが、今や絶版(中古で15000円〜23000円ぐらいの高値が付いています)レコードプレイヤーなくても、大島ファンなら、このジャケットは飾っておきたいでしょうね。(価格は5000円)

昨年出版された「大島弓子のはなしをしよう」は残1部です。次回入荷は7月下旬です。

 

 

さて、先日店長日誌でもふれましたキョンキョンのCD「Koizumi in the house」(700円)入荷しました。セルフプロデュースで、作詞作曲には近田春夫、ピチカートの小西康陽等をメインに起用。当時最先端のダンスミュージックを作れるミュージシャンにサウンドを任せるとは、やはり感覚が鋭いキョンキョンですね。約8分にも及ぶ「FadeOut」の、ちょっと下世話な歌謡曲っぽい、哀愁のあるメロディーは、きっと踊り出したくなります。アイドルが、ミュージシャンに変貌してゆく様を捉えたCDです。「あまちゃん」の作者、宮藤官九郎も愛聴してたのかなぁ〜?

★CDコーナー本日より「往年のアメリカンロック」フェアです。バーズ、CCR、ザ・バンド等60枚程展示しております。初めて聴かれる方も、あ〜なつかしいと思われる方もどうぞ。(試聴大歓迎です)

Tagged with: