岩波ホール支配人だった高野悦子の本を読みました。「岩波ホールと<映画の仲間>」(岩波書店1400円)です。

1929年満州生まれ。父親は満州鉄道の技師。姉は岩波書店社長の岩波雄二郎の妻、淳子です。

東宝文芸部を経て、58年パリ高等映画学院監督コースに留学。紆余曲折の後、68年、岩波ホール創立と同時に総支配人に就任して、74年、名作映画上映運動「エキプ・ド・シネマ」を川喜かしこと主宰します。小さなホールの支配人からスタートし、欧米以外の国々の映画を買い付け、上映し、女性映画人を育て、支援した一生を綴った本です。

淡々とした文章で書かれてありますが、よくもまぁ過労で死ななかってですねぇ〜と感じる程の怒濤の人生です。たかが、映画を上映するだけのお話、と思われるかもしれませんが、海外を走り回り、煩雑な事務手続きをこなして、輸入して、販促活動で飛び回り、上映するまでがどれだけ困難なことか。しかも、大手映画会社の作品ではないだけに余計に大変です。

ここで紹介される映画のことなんて知らなくても、彼女が戦後の混乱に観たアメリカ映画「キューリー夫人」の影響を受けて自立し、映画製作に関わる女性達との連帯を深めてゆく、一人の人間の物語として読み応えあります。

『「すべての女性運動は平和運動をもって帰結する」というスウェーデンの女性思想家エレン・ケイの発言に、私は女性映画祭も平和運動なのだと、改めてその存在意義に気づいた。』

という言葉通り、2013年2月にこの世を去るまで、映画大国以外の作品を通して、「エキプ・ド・シネマ」運動の存在と映画の意義を世に知らしめるためにひたむきに突っ走った女性でした。

因みにここ2〜3年で私が観た、欧米以外のお薦めの映画です。

●「モンガに散る」2012年(台湾)ニウ・チェンザー

●「再会の食卓」2010年(台湾)ワン・チュアンアン

●「ブンミおじさんの森」2010年(タイ)アピチャートポン・ウィーラセータクン

●「蜜蜂」2010年(トルコ)セミフ・カプランオール

●「ベンダビリリ」2010年(コンゴ)ルノー・バレ&フローラン・ドラテュライ

 

Tagged with: