年を取ると涙腺がゆるみます。若い頃、TVのドラマの愁嘆場で泣いている親を横目で見ながら「こんなベタな泣かせどころでまんまと泣くかな〜」などと鼻で笑っていたのですが、最近は老犬が佇んでいるだけで目頭が熱くなります。

思うに、これは別れを重ねて来たから。生きてる時間が延びれば、それだけ親しい人(人だけでなく犬や猫も)との別れの数が多くなり、涙の数も増えるというものです。

映画「アンコール!」は長年連れ添って来た妻を、ガンで失う老いた男の話。

妻は明るい社交的な性格で、末期ガンを患いながらも町の合唱クラブで歌っています。夫は、融通のきかない頑固者だが、妻を心から愛しています。合唱クラブの練習日は、車椅子を押して送り迎えをし、週に一度は、男友達と飲みながらカードをするのが楽しみ。妻との永久の別れが遠くないのも解っているけれど、その淋しさをどうすることもできない。一人息子との関係も、妻がいればこそやっと繋がっているという有様で、こんな老人を残していく妻の気持ちを思うだけで切なくなります。

無口で頑固な夫役は、テレンス・スタンプ。少し病的で美しかったあのテレンス・スタンプが、良い皺を刻んで、不器用な年寄りをがっちり演じます。禁煙が当たり前になっている今、煙草をすう姿が誠にかっこいい。テレンス・スタンプは「プリシラ」の海兵隊上がりのオカマ役も素敵だったけど、妻のために生きる無骨な老年男子はとってもチャーミングです。

一方、妻を演じるのはヴァネッサ・レッドグレーブ。こちらも若かりし頃の知的で、尖った美しい姿を知っているだけに感無量。夫と息子を心配しながら、自らの死と向き合う女性のきめ細かい演技に感動しました。

年を重ねたこの名優二人を見に行くだけでも価値あり。

この二人に絡む合唱団の音楽教師の描き方もよくて、なんていうか、映画に安定感があります。最後のテレンスの歌声に涙しました。一緒に年をとってきました。若い諸君、それもなかなか悪くはありませんよ。(女房)

★次週6日(火)から「夏の一箱古本市」です。続々と荷物到着しています。今回は、かなりいい本があります。ご期待を!!

 

Tagged with: