WOWOWで放映される連続ドラマには、大掛かりなだけでつまらないハリウッド映画よりも、ずっと上質の作品があります。

例えば、群ようこ原作「パンとスープとネコ日和」は、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮等でドラマ化したものです。この面子といえば、荻上直子監督の作品「かもめ食堂」、「めがね」あたりをすぐに思いうかべますが、そう、あの世界です。

つまり、波乱万丈ドラマチックなストーリーから遠く離れて、ひたすら穏やかな時間が流れるドラマです。それはいわば、小津映画「お茶漬けの味」で、佐分利信が「これ、上手いね」と木暮実千代とお茶漬けを食べるシーンにながれる日常そのままを描いたドラマ。

だいたいのストーリーはといえば、編集者の女性が、突然亡くなった母の経営していた飲み屋を、サンドイッチとスープの店にして、再出発するというもの。下手くそな脚本家なら、店に来るお客の人生を絡めて、あーだ、こーだと御託をならべるところですが、そんなものは全く無し。店と、その周辺の街を散文詩的に描き、そこに生きてる人たちみんなを、肯定してくれる優しさが心地よい。私なども固唾を飲んで最終回まで観てしまった「半沢直樹」の対極にあるドラマでしょうか。

 

監督は松本佳奈。多摩美術大学グラフィックデザイン卒業後、CMの演出家としてスタートし、映画「めがね」(07)のメイキング映像などを手がけて、小林聡美主演「マザーウォーター」で映画監督デビューを果たしました。京都舞台の、この映画も「幸せな時間」はすぐ側にあるよ、という事を静かに見せてくれました。「パンとスープとネコ日和」にもそれは色濃く流れています。

小津映画を何度観ても飽きないように、このドラマも何度でも観たくなる作品です。

ところで、小林主演のこの手合いの”日常映画”で常に共演している(事務所が一緒だから?)もたいまさこが、群ようこと対談している本「解体新書』(新潮文庫200円)は抱腹絶倒です。

もたい「私、じじいって言われるんです」

群「えっ?……….じいさん」

で始まる対談です。対談のテーマは「からだについて」です。山田詠美との「男について」など、おっと、と思わせる対談もあります。

 

 

Tagged with: