店には、なんだか猫の本が多い。犬二匹と同居しているにもかかわらずである。猫の方が文学的であり、極めて奥の深い動物という印象のせいか。それに対して、犬は体育会系馬力勝負の動物(そうでもない犬も多々いますが)的というわけか、猫本の方がバラエティに富んでいるように思います。

しかし、犬派、自然派の方々に、そして我が家の犬達も、ご満足いただける本が入荷しました。一冊目は畠山泰英「秋田犬の父澤田石守衛」(木楽舎・初版1100円)です。宮城県境の栗駒山に住まいして、気迫あふれる秋田犬を育てている澤田石守衛(1916年生まれ!)のライフスタイルを追っかけたノンフィクションです。誰もいない山中に家を建て、水を引き、山に入り狩りをするという、これぞスローライフの極みのような日々が語られています。モットーは「今日一日がよければいい」。そして効率なんか気にしないで動く事。その傍らにいる秋田犬のがっちりしているけれど、おっとりした顔つきの写真を見ていると、この二人の幸せな関係が見えてきます。

さて、あと二冊は、丸山直樹他「オオカミを放つ」(白水社1200円)、西田智著「ニホンオオカミは生きている」(二見書房・絶版2000円)です。前者は、サブタイトルに「森・動物・人のよい関係を求めて」とある通り、もし仮に今の日本に狼が復活したらどうなるのかを精査した本です。増えすぎたシカが生態系に悪影響を与えている現状を考慮すると、個体の調整には狼の復活が必須であり、その結果「全ての生物の生存を保障し、生物多様性の維持と生態系の構造・機能を修復保持する」という論に、あなたはどう反応しますか?

「ニホンオオカミは生きている」は、大分の祖母山系で、狼とおぼしき動物に遭遇し、写真撮影まで行った野生動物研究家のドキュメントです。その写真を見ていると、どうも野生の犬ではないような気がします。これが犬ではなく、絶滅したニホンオオカミだということを証明するために情熱を傾けた一人の男の生き方を追っかけた興味深い本です。

 

Tagged with: