見逃していた韓国映画「嘆きのピエタ」(キム・ギドグ監督)を朝一回だけ上映していたので、行ってきました。いや〜身も心も冷え冷えとしてくる地獄巡りを楽しませてもらいました。

下層階級の人達に高利で金を貸し、返済できないと見るや、屋上から突き落とす、或は機械に手を入れて切断して障害者の保険金で返済させるという極悪非道の若者のお話。これだけで、痛い!とお思いの方もおられと思いますが、直接的な残酷シーンはありませんので、ご安心を。でもギョ〜ンと唸る機械の音はゾクッとします。

その若者の前に、生まれてすぐ彼を捨てた母が出現するところから、とんでもない方向へ話は進んでいきます。淡々と仕事に励んでいた彼の心に、まさか本当に母親?いや嘘に決まっているという疑惑が、さざ波のごとくおしよせます。演じるイ・ジョンジンがその心理を見事に表現します。

「ピエタ」とは、十字架から降ろされたイエス・キリストを胸に抱く、聖母マリア像のことであり、慈悲深き母の愛の象徴。そのピエタが「嘆いている」という意味が、最後で明らかになります。母親役を演じたチョ・ミンスも引き裂かれるような複雑な心の有り様を演じて、片時も目が離せませんでした。

そして、冷凍庫に入っているかの如く寒くて寒くて仕方ないのに、その一方で浄土へ誘われる様な至福も感じさせるエンディング。(このラストだけは絶対に言えない!)希望など皆無で、静かで、強烈で、魂を引っ掻くようでありながら、否応なく魅かれてしまう不思議な力を持った映画でした。

直木賞作家の桜庭一樹はこう書いています

『キム・ギドク氏の作品は、わたしの人生をより複雑にすることで、繰り返し救済してくれます。物語の最後に見えるあの微かな光を求めて、わたしはまた彼の映画を観てしまいます。」

「あの微かな光を求めて」という表現は、優れた映画、小説に必ず存在することだと思います。

 

★冬の一箱古本市は今日が最終日です。11日からは、ミニプレス「日々」のバックナンバー展が始ります。一緒に「アンティーク帯バッグ」「木工」「リース」など暮らしを彩る作品が並びます。お楽しみに!

 

Tagged with: