40代、50代の皆様!!甘酸っぱい想い出満載の映画雑誌「ロードショー」創刊号が入荷してきました。

戦前からあった映画雑誌「スクリーン」に対抗して、昭和47年に集英社が発行を始めた映画雑誌です。表紙はカトリーヌ・ドヌーブ。特別付録にオードリー・ヘップバーンの特大ポスター。表紙をめくると、お父さんも、お母さんも真面目な高校生だった時に涙した「小さな恋のメロディー」の三人。そして、当時一世を風靡したアラン・ドロンのハンサムなお顔と豪華絢爛な内容です。

映画がスターで持っていた時代を象徴した雑誌ですが、加藤和彦が映画評論を書いていたり、当時のトップ女優たちのファッションセンスを、ムッシュかまやつが批評していたりと、貴重な記事も発見できます。しかし、最も驚いたのは、巻末に映画のヒット曲が、ギターコード入りで譜面が採録されているところです。みんな、お小遣いを貯めて買ったガットギターで弾いていたんでしょうね。2500円。(相場よりはかなりお安くしています)

もう一点、映画本として面白い文庫が入りました。片岡義男が書いた「彼女が演じた役」(中公文庫400円)です。これは、サブタイトルに「原節子の戦後主演作を見て考える」とあるように、一時代を作った彼女の映画を通して戦後を見つめる一冊です。第一部は、小津映画以外の彼女を取り上げています。昭和29年「安城家の舞踏会」は、戦前からの貴族制度の崩壊を描く映画ですが、彼女は今や死語になりつつある「令嬢」を演じていて、いわゆる令嬢のイメージから逸脱してゆく強さを見せます。著者はこう結びます。

「単なる美や女らしさなどでなく、強い意志、つまりくっきりと確立された自我として、日本の人たちは原節子のなかに見ていた、と僕は思う。彼女の姿や笑顔を、日本の人達はそのようなものとして解釈し、受け止めた。」

小津映画に登場する彼女にも、一瞬ですが恐ろしい程のいらつきや、孤独、恐れを感じる時があります。それが出来る女優さんだったのですね。

Tagged with: