梨木香歩の最新作「海うそ」(2014年発行岩波書店1100円)が入いってきました。もちろん、店頭に出す前に読ませてもらいました。

傑作です。私の中で、梨木さんのベスト1は「からくりからくさ」(新潮文庫350円)でしたが、これはそれ以上でした。

舞台は南九州の小さな島。戦前に、この島の調査をした地理学者秋野がむせ返る島の自然と、海の香り、そして照りつける太陽の元で、自分の魂の奥深い所へ下降してゆく旅の話です。

修験僧の霊山があった島を調査する彼の前に、様々な表情を見せる南海の島。その奥深い森の中で、彼が体験する恐れと哀しみ。彼の心の中に解決できない何かが積もっていきますが、島での生活は終わりを迎え、去ります。

そして、戦後50年を経て、再度この島にやって来ることになった秋野が見つめる、魂のさすらいと決着。

「それは老年を生きることの恩寵のようなものだと思う。若い頃は感激や昂奮が自分を貫き駆け抜けていくようであった。今は静かな感慨となって自分の内部に折り畳まれていく。そしてそれが観察できる。若い頃も意識こそしなかったものの、激する気持ちは自分のなかに痕跡くらい残したのだろうが、今は少なくともそのことを自覚して静かに見守ることができる。」

巧みな文章と言葉で、読者をこの島に誘い込み、幻惑に満ちた旅を楽しませてくれる一級品の小説です。

「長い長い、うそ越えをしている。 越えた涯は、まだ、名づけのない場所である。」

旅はまだ続きます。

Tagged with: