今年は未年。

「ひつじ年にひつじのはなし」と題して、北海道白糠町にある茶路めんよう牧場展が始まりました。

白糠町は釧路市都心部から西へ30kmに位置しています。そこで京都出身の武藤浩史さんが牧場を開いて約30年。仲間と一緒に羊を育て、羊の恵みを伝えるパネル展示となりました。

草食動物である羊は、人間が食べられない草を食み、肉や毛や乳に換えて我々に提供し、そして死骸は土に還され、また草を育てる・・・・そうやって羊は8000年前から人間と暮してきた「衣・食・住」をまかなってきた大切な家畜。都会で生活していると、忘れてしまいがちな様々なことを羊が思いださせてくれるかもしれません。

戦後の物不足の中、羊は北国の農村の衣類を賄う有用な家畜として増え続け、昭和30年代前半には100万頭近くが農家の庭先で当たり前に飼われていたそうです。ところが、羊毛の自由化と高度成長の渦に飲まれ激減、一時は絶滅の危機に瀕しました。その後、肉利用に転換して、日本の羊たちは細々と生き続け現在は1万7千頭ほど。それ故、一般市場で国産の羊肉や羊毛製品をみかけることはほとんどないのです。

茶路めんよう牧場のおいしいラム肉も、ほとんどが既存のお得意様に渡るので、限定販売になるのですが、少しずつでも広げていきたい思いがあり、パンフレットを用意します。一人でも多くの方に知ってもらい、ぜひラム肉の美味しさに触れて頂きたいと願っています。因みに、うちではラム肉好きを何人か募り、まとめて直接送ってもらっています。フレッシュラムのさっと焼いたものや、カレーなどは、他の肉では味わえないうまみがあります。それにヘルシーですしね。

今回は、羊毛で作った靴下をたくさん入荷しました。羊毛88%という靴下は、他の繊維の物と比べて弱いところが難といえば難なのですが、肌に優しくて暖かい。化学繊維は苦手と言う方にも好評で、冷え症の方は就寝時にこの靴下を履くとか、アウトドアでは、これを履いた上にもう一枚靴下を重ねるとか、あるいは薄いソックスの上にこれを履くといいとか、色々な話を聞きました。お試しあれ。

もう一つ、「サポーの丘」という石鹸を紹介します。これは、羊油の中の天然の保湿成分であるグリセリンを残しすため、ゆっくり時間をかけて作られています。現在石鹸の原料には安価なパーム油が多く使われていますが、原産国ではパーム油をとるためにアブラヤシのプランテーション開発が進み、環境問題を引き起こしています。「サポーの丘」は脱パーム油石鹸。肌の弱い方にも安心して使えるもので私のイチオシです。(女房)

茶路めんよう牧場展「ひつじ年にひつじのはなし」は3月1日(日)まで。2月23日(月)は定休日です。