本好きのための雑誌「ぽかん」の最新5号(972円)が入ってきました。文学が好きで、本を読み、素敵な文章を大切にしている人なら、これはぜひ買って下さい。

「ぽかん」は3冊で構成されています。本誌「ぽかん」と小冊子「のんしゃらん通信」そして100冊の本を紹介した、広げるとポスターになる「ぼくの100」です。

本誌に掲載されている文章は、どれも味わい深く、日本語がゆっくりと染み込んできます。服部滋さんが書かれた戦時中の特攻兵器「回天」搭乗員和田稔が、敵艦に体当たりすることなく、艦内で窒息死して浜辺に打ち上げられた悲惨な話は深い悲しみに包まれています。亡き兄を偲んで、歌人の妹がこんな歌を詠んでいます。

「浮上し得ぬ回天をめぐる海底の沈黙兄は死にゆく」

そうかと思えば、昔の記憶が段々とおぼろげになってゆく様をユーモア溢れる文章で描いた佐久間文子さんの「とけていく記憶」。あるいは無為に過ぎ去っていった大学時代のちょっと変わった友人との交流を、まるで極上の短編小説の趣きで振返った保田大介「友だちと文庫本にまつわる話」など、どんどんと読んでいきたくなるものが詰まっています。

ところで、あの早世したジェイムス・ディーンがこんな事を言ってたんですね

「永遠に生きるつもりで夢を見、今日死ぬつもりで生きよ」

この意味、外村彰さんの「多喜さん漫筆」をお読みいただければわかります。

もう一点、200円ながら、作った人達の本への愛情溢れる「本と本屋とわたしの話」の8号も入りました。

「古本屋は、人生の道草にうってつけの場所だ。そして、その道草は、ぜいたくだ」

いい言葉ですね。

「ほんのこぼれ話 棒線は友だち〜傍線は友だち」は、方々に線が引かれた武田百合子の「犬が星見た」についてのエッセイですが、微笑ましくなってきますよ。筆者は赤線を引いた方に対抗して、青線をどんどん引いていきます。そして、最後にこう呟かれます。

「赤い傍線のひと、生きていますか。今もお元気ですか」と。