えっ、「たる」? と思われる方もあるかと思いますが、正確には「ほろよい手帖 たる」という全国に流通している雑誌の名前です。おわかりですね、そうです、一冊まるごとお酒の雑誌です。

最新号の特集は「今、飲みたい紅芋系焼酎」です。芋焼酎の魅力は、さつま芋の豊かな香りと甘みです。その芋を栽培する鹿児島県の農家の取材や、使用されるお芋の百科、飲み方指南、美味しい銘柄紹介など、読み応え十分です。

この雑誌は、ワイン、ビール、ウィスキー、そして日本酒と種類を問わず、酒を幅広く、時にはかなりディープに取り上げています。酒文化を知るのには絶好で、読んでいると、さてさて、今晩は何を飲もうか、とあれこれ思案してしまいます。

「麹」をテーマにしたバックナンバーもあります。日本酒、焼酎、泡盛等の日本酒は、麹を利用して造られますが、醤油、みりんも、やはり麹を使う醗酵調味料です。さらに、甘酒やべったら漬け等は、麹を直接使う食材です。和食、日本酒に欠かせない麹のことがわかったりします。

あるいは、「本を肴に」という企画もあります。知りませんでしたが、”酒飲み書店員”が選ぶ「酒飲み書店員大賞」なんてのがあったんですって。因みに、2014年の受賞作品は中野進「球団と喧嘩してクビになった野球選手」(双葉文庫)です。ちょっと面白そうです。

また、書店員が推薦する「お酒を飲みながら読みたい本」は、フツーの推薦本紹介とは一風変わっていて、次々読んでみたくなります。例えば、上野敏彦「神馬(しんめ)−京都・西陣の酒場日乗」(新宿書房)とか、プレモリ=ドルーレ「作家の家 創作の現場を訪ねて」(西村書店)、開高健「地球はグラスのふちを回る」(新潮文庫)など。もちろん、酒といえば、吉田健一「酒肴酒」(光文社文庫)は見逃せません。

という具合に、毎号毎号、素敵な企画が目白押し。お酒を飲む人も、飲まない人も、読んでほろ酔い気分。リラックスできます。価格は390円。

今月号より、バックナンバーも含めて販売していきます。

Tagged with: