雑誌「ブルータス」が松本隆の特集を組んでいます。

日本のロック、フォークは言うに及ばず、歌謡曲、アイドルまで数多くの名曲の作詞をしてきた彼の言葉がいかに美しいかをひも解いた企画でした。(300円)

松本の母親は、とにかくめそめそするのが嫌いな人で、その影響を受けた彼の詩には、その手合いの女性が先ず出てきません。太田裕美の「木綿のハンカチーフ」なんて、都会に出て行った彼が、あっちでふわふわしていると感ずるや否や、あんたに送ってもらうハンカチで一泣きしたら、ハイ終り、というヒロインです。

或いは、斉藤由貴の「卒業」では、卒業式で好きな人と別れるから泣くなんて、できません、もっと哀しい時に泣きますと宣言します。猫まんがの「きょうの猫村さん」の作者ほし・ゆりことの対談で彼はこの曲のことをこう言っています。

「女の子は人前で泣いたらダメだと思っているんです。女の子はひとりで泣くんだ」と。

中学時代から読書好きだった松本は、特に中原中也と宮沢賢治に傾倒していきます。この特集の中でも「今でも別格」と言い切っています。しかし、詩人にはならず、作詞の方に舵を切ったのは、音楽が好きだったからなのでしょう。ハッピー・エンド時代の名曲「風をあつめて」に出てくる「風をあつめて、風をあつめて、青空を翔びたいんです」なんて詩は、賢治の童話で出てきそうです。また「夏なんです」の「ホーシーツクツクの蝉の声です ホーシーツクツクの夏なんです」もやはり賢治の詩の世界です。

私が一番好きなのは、盟友、鈴木茂の「バンドワゴン」(1500円)に収録されている「微熱少年」のこんな言葉です

「俄か雨降る午後に 体温計を挟み、天井の木目 ゆらゆらと揺れて溶け出した 窓のガラスを叩く 野球帽の少年の ビー玉を石で砕いて空に撒き散らす」

まるで萩尾望都のコミックに出てくる少年みたいな描写です。

ユーミンが、松本と組んだ最高傑作は薬師丸ひろ子の「Woman」と断言して、語っています

「『眠り顔を見ていたいの』というフレーズ。『寝顔』じゃなくて『眠り顔』。そこに死の匂いを感じます。『時の河を渡る舟』も、冥界を漂うあの世とこの世の渡し舟のようだし」

深い意味を込めた彼の作品を、どなたか体系的に研究していただきたいものです。

★松本隆~はっぴーえんど関連のCD各種入荷しました

大瀧詠一「Best ways」2CD 2800円

はっぴーえんど「City-ベストアルバム」1400円

はっぴーえんど「風街ロマン」1800円

鈴木茂「バンドワゴン」1400円

大瀧詠一「ナイアガラムーン」1800円

 

Tagged with: