平凡社の出している「太陽」は、古本市定番の雑誌です。

今回も350円〜400円前後で十数冊出ています。2000年7月「キャパ」、88年10月「泉鏡花」、1999年12月「ヒコーキ野郎」等々。

「太陽」の他にも、面白い雑誌が沢山出ています。やはり、出たかと思ったのは、筑摩書房が出している小冊子「ちくま」です。これ、実は私も出版社からまとめて買いました。その理由は、表紙が絵本作家の酒井駒子が描いているからです。今回出ているのは2014年1〜4月号の四点セットで、価格は300円です。酒井駒子の表紙シリーズは今でも続いています。ファンの方はぜひ。

神戸の出版社が出しているミニプレス「ほんまに」の15号と16号もあります。15号の特集は「街の本屋海文堂閉店に思う」、16号は「続・神戸の古本屋」で、若手古書店オーナー同士の対談や、老舗店店長のお話、さらに神戸の古書店地図まで付いた保存版で(版元品切れです)どちらも200円です。

書店がらみの本なら、「東京人」が特集する「神田神保町の歩き方」の2002年版、2004年版が各200円で出ています。どちらも資料として持っていたい雑誌です。書誌関係では、1975年に創刊された「本の本」の創刊号から最終号まで全16冊セットで3200円というものあります。作家別に特集を組んだりしていますが、面白いのは76年発行の日記文学の特集号です。十数名の文学者の日記が論じられています。

常連雑誌の「WAVE」 からは、ボリス・ヴィアンの特集号です。ヴィアンや、その当時の最先端をゆくアーティストが夜ごと集まった「サンジェルマン・デ・プレ」を中心に解説している内容の濃い一冊です。巻頭文はヴィアン自身による「サンジェルマン・デ・プレの定義」です。こちらは400円。

最後にレアな一冊を。「Coyote/コヨーテ」が特集した2004年11月発行「星野道夫の冒険」です。これ、星野がどんな本を読んで、旅に出たかが書かれています。また、アラスカの自宅に持ち込んだ700冊の蔵書リストが掲載されています。左棚1列目「宮沢賢治の彼方へ」右棚1列目「路上にて 開高健全ノンフィクション」といった具合に、彼の書架を眺めている雰囲気です。こちらは絶版で1800円。探している人も多いので、お早めに。

★レティシア書房一箱古本市は、23日(日)までです。

尚24日(月)〜27(木)まで休業いたします。

★イベントのお知らせ

当店のお客様の作家、中村理聖さんが23日、「もりのみやキューズモール」で読書会をされます。詳しくはHPをご覧下さい。