記録映画「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」(京都シネマ)を観てきました。

ブラジルに生まれ、ユージン・スミス賞をはじめ、多くの賞を受賞した世界的報道写真家。現在はブラジルで、破壊された自然の保全や復元活動に取り組む環境活動家としても知られている写真家セバスチャン・サルガドを、ヴィム・ベンダースが監督した映画です。

報道写真家として、世界中の戦争へ出向き、その悲惨な光景を撮り続けた写真家の作品は、時として目を背けたくなります。故郷を追われ、流浪の旅に出たアフリカの民。飢餓の恐怖に耐えながら、安住の地を求めて彷徨う。しかし、体力のない子供たちから死んでゆく。民族同士の衝突から起きる戦争が、どれ程人間を残酷な、醜い存在にしてしまうかを見せつけられます。

 

そんな辛い写真ばっかりで痛々しい映画なのかと思われますが、そうではありません。人間の存在をたった一枚の写真に切り取り、悲惨の遥か彼方にあるかもしれない希望へと私たちを導いていきます。彼が撮った作品の背景に見え隠れする大空の不思議な感覚は、そんな希望の道しるべかもしれません。

映画の後半は、ルワンダ内戦のあまりの惨状に、彼自身の心が病み、故郷ブラジルに戻ってからの活動をドキュメントしていきます。故郷の荒果てた大地に愕然とした彼は、妻レリアと共にその再生へと向います。

そして2004年にスタートするプロジェクト「GENESIS(ジェネシス)」では、地球上に残る未開の場所―ガラパゴス、アラスカ、サハラ砂漠、アマゾン熱帯雨林などに出向き、日々生と死が交錯する、地球の姿に立ち止まり、シャッターを押し続け、写真集として発表しました。。
かつての報道写真家としての作品とは、まるで違う作品に批判もありましたが、サルガド自身が言うように「GENESIS(ジェネシス)」とは地球への“ラブレター」。絶望の彼方から、希望への架け橋を自らが求め探す旅を続ける姿は胸を打ちます。打ち拉がれた魂を再生させるのは、この惑星の自然でしかないという真理に真摯に耳を傾けさせる作品でした。

 

 

★10月23日(金)19時30分

北海道釧路ヒッコリーウインドオーナー&ネイチャーガイドの安藤誠さんのネイチャートーク&スライドショー「安藤塾」 決定。要予約