昨日のブログでご紹介した「へろへろ」の版元ナナロク社は、小さな出版社ですが、どれも個性的な本を出しています。何点か入荷しているのですが、今日ご紹介する本の迫力は一見に値します。

渡辺雄吉写真集「張り込み日記」(2916円)です。このタイトルで思いだすのは、1955年に出た松本清張の「張込み」であり、その数年後に映画化された同名映画です。映画は、あの当時の日本を見事に捉えた作品でした。

この本は映画とは全く別のものですが、捜査の最前線に立つホンモノの刑事達の姿を密着取材した驚異のドキュメントです。

昭和33年、水戸市でバラバラ事件が発生し、事件を担当する二人の刑事の地道な捜査の日々を写真に収めています。事件発生から解決まで半年がかかりましたが、その間の20日程を密着して、なんと1000枚程残された写真を再構成して出来上がりました。

張り込みの現場、捜査会議、聞き込みと、第一線の刑事の現場がドキュメントされています。日本の敗戦から十数年経ているとはいえ、町のあちこちに戦争の残り火みたいなものが漂っています。当時の日本の市民社会を収めた貴重な写真集でもあります。

雑踏を歩く二人の刑事の面構え。今ではあまり見られなくなったような、無骨な、深みのある男の顔です。黒澤明の映画「野良犬」をそのまま写真にしたような世界ですが、あちらは虚構、こちらに嘘はありません。右下の写真も、映画のワンカットみたいですが、本物の捜査の現場です。

トレンチコートに、帽子姿で、聞き込みに回る二人の刑事姿なんて、いまどきの刑事物ドラマよりかっこいい!

この本の構成をしたのは、乙一。若い方ならよくご存知ですよね、ライトノベル界で注目され、2005年発表の「ZOO」でブレイクした若手作家です。彼は後書きでこうコメントしています。

「ページをめくるうちに建物が高くなり、背景となる都市の暗闇は増す。二人の刑事がその深奥へと入っていくような構造にしたかった。人探しをする刑事の姿に、都市に埋没しそうな自分を探す現代人の姿を重ねた。」

今まで、浴びるほどに刑事小説を読み、デカもの映画も欠かさず観てきましたが、それらを吹っ飛ばすぐらいの力に満ちた写真集です。今や、総禁煙時代。この本に出てくる刑事たちみたいに煙草吸いながらの捜査の日々、なんてシーンもお目にかからなくなりました。

イケメンでもなければ、おしゃれでもないのですが、いや、もう痺れる程カッコいい男たちを見せてくれる希有な写真集です。

一冊は手元に置いておくべし。きっと、何かの役に立つ?かな。

 


 

Tagged with: