本作は、ウィーンの画家クリムトの「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像」をめぐる実話を映画化したものです。1907年に描かれた名画で、日本でもファンが多いと思います。

この絵は、ナチスがオーストリアに侵攻した直後に掠奪されて、戦後はオーストリアで保管、展示されていました。しかし、作品の正統的な持ち主の女性が表れて返還を求めて裁判を起こし、国家を巻き込む裁判闘争が開始されます。その一部始終を映画化したのが「黄金のアデーレ」です。

原作を元に、練り上げられた脚本、的確にそのシーンの意味合いを把握して動くカメラワーク、映像の邪魔にならない音楽、しっかりとした演技の出来る俳優達が集まってできた、ケレンのない佳作です。きっちり構成された小説を読んだ後の爽快感がありました。

現代を生きる年老いたヒロインと、彼女の幼少の頃、愛する家族と暮らしたオーストリア時代を、交互に描くことで、ナチス侵略以後体験した悲惨な出来事が胸に迫ります。しかし演出はどこまでも抑制がきいていて、ヒステリックにならないので、安心して観ていられます。

裁判に挑んでゆくヒロインを演じたのは、ヘレン・ミレン。イギリスを代表する女優です。相手が誰であっても、言うべきことをはっきり述べる強さを持ち、ユーモアと皮肉、そしてセンスの良さも兼ね備えた女性を見事に演じています。今年70歳、エレガントで颯爽としていて、しかも威厳のある立ち振る舞いに魅了されました。

映画の中で、ウィーンにあるホロコースト記念碑が登場しますが、これが町のど真ん中にあるのです。この悲劇を絶対に忘れないという国のスタンスが見えてきます。ナチス侵攻で、彼らに同調して、ユダヤ人迫害に回ったオーストリアの人達も登場します。それもこれも含めて、戦争が人々の心深くにどれほどの傷を負わせたか、感情的な表現や、台詞回しを避けながら静かに描いていきます。だからこそ、ラストのヒロインの現在と過去の遭遇が感動的なのです。

ウィーンのモナ・リザと呼ばれ愛された、クリムトのこの作品は、アメリカに渡った後、化粧品メーカーのエスティ・ローダー・カンパニーズの社長ロナルド・ローターに売却され、現在ニューヨークの「ノイエ・ガレリエ」に展示されているということです。

 

Tagged with: