明けましておめでとうございます。今年も又、面白そうな本を探してまいりますのでよろしくお願いします。さて、2016年のギャラリーは「あかしのぶこ動物たちの肖像画展 ぼくらは知床に暮らしている。」で幕開けしました。

あかしさんの絵に初めて出会ったのは、知床発のミニプレス「シリエトクノート7号」の表紙でした。じっとこちらを見つめているクマの顔がユーモラスで温かく、魅かれました。(今から思うと、どこかご本人に似てるような気が。)北の大地に生きるクマや鹿、キタキツネ等を描いた作品を多くの方に知ってもらいたいと思い、個展をお願いしました。知床の自然の中で生きる動物達をみつめながら描く絵は、その地に対する愛があふれています。

冬眠に入るクマの親子を見つめた「冬眠穴の親子」に注がれる深い優しさに満ちた視線。鹿とアイヌの子供たち、キタキツネ、そしてクマの親子が一つの画面の中に納まり、自然の恵みを収穫している様を描いた「森のシカのものがたり」。深い森の中、ふわっと飛翔するももんがを描いた「ねむたいねむたいももんがたち」等の作品が並びました。(原画はすべて非売品)そして、木製の額はあかしさんの手づくりです。

今回、彼女が描いた絵本をできるかぎり持って来て頂きました。(一部を覗いて販売しております)「しれとこのきょうだいヒグマ ヌプとカナ」は、クマと人間の悲しい現状を描いていて、彼らの生活圏に入ってしまった我々人間の身勝手さに心傷む作品です(知床財団発行1500円)。また、原画も展示中の「森とシカのものがたり」はシカの住む森を描きながら、やはりそこに踏み込んでしまった我々との共生を、未来にどうつなげてゆくのかが書かれています。(野生動物教育研究室WEL1200円)

あかしさんと出会うきっかけになったクマが表紙の「シリエトクノート」は、残念ながら絶版ですが、ポストカードはあります。なお、「シリエトクノート」8号、9号、10号は販売しております。是非この機会に手に取って観て下さい。

あかしさんは1月14日(水)、15日(木)は、在廊される予定ですので遊びに来てください。また、15日(木)の夜19時30分から店内にて、知床の動物達についてのトークショーを行います。お時間のある方はお越しくださいませ(要予約)

今回は、作品の他に、斜里町のパン屋さんメーメーベーカリーさんから、パンと焼き菓子を販売していただいております。(届いたばかりですが、開店直後から売れています!!!お早めに)(女房)

あかしのぶこ 動物たちの肖像画展 「ぼくらは知床に暮らしている。」

1月17日(日)まで  月曜日定休

 

 

 

Tagged with: