木曜夜8時のお楽しみ、松尾スズキ主演「ちかえもん」が昨日最終回でした。

いやぁ〜楽しませてもらいました。さすが朝ドラ「ちりとてちん」で落語をとことんひねった脚本家だけのことはありました。飴売りのお調子者の男が、近松の幼い頃の遊び相手の人形だったと思い至ったところなどは、泣けてしましました。傑作浄瑠璃「曾根崎心中」で、モデルとなった心中事件の二人が生きていたハッピーエンディング、ラストに流れる吉田拓郎の曲に拍手喝采。このドラマをきっかけに文楽に行ってみようかな、という人が増えたらいいですね。

ところで、当代随一の浄瑠璃語りの竹本住大夫へのインタビューをまとめた「文楽のこころを語る」(文春文庫350円)で、大夫は、この演目を「何もかもがきれいずくめの浄瑠璃で、私はあんまり好きやおまへん」と意外な告白をされています。それどころか、「近松ものは、なんでこないに人気があるんや」と近松ものへの距離感を表されています。

「文楽を初めて観にきた、という人にはストーリーもようわかるし、時間的にもそう長くはないし、いいのかもしれまへん。このへんが、外国でも日本でも受ける理由ですかいなあ。」

平成9年、パリでこの演目を11日間にわたって公演した時、すべて大入り満員だったそうです。

はんなりした大阪弁に誘われて、文楽の世界へと連れて行ってくれる入門書です。

文楽をこよなく愛した作家、小田作之助短篇集「聴雨・蛍」(ちくま文庫750円)に、人形遣いの吉田文五郎の芸道修行を聞き書き風の文体で書いた「吉田文五郎」という小品があります。大阪弁を一人前に駆使して作品が出来れば、大した作家と思っていた彼は、ここでも生き生きとした大阪弁を使っています。

「こつこつとこの報われん道を歩いてきたのかもわかれしめへん。贅沢な暮らしみたいなもんしよ思ても一日も出来まへなんだ。考えてみたら暗い道だした。けど。その暗い道を阿呆の一つ覚えに提灯ともして、とぼとぼ六十年歩いて来ましたんだす。」

これ、標準語でしゃべられると、なんか、フンと横向きたくなりそうですが、柔らかい大阪弁だと、そらぁ、ようきばらはったんやな、ともっとお話を聞いてみたくなります。