京都シネマにて上映中の「ドリームホーム」を観ていると、ここに登場するアメリカ人たちが、あのトランプ氏を応援するんだろうな、と気がしてきました。

映画は、住宅ローンを払えなくなり、銀行の差押え物件にされてしまうブルーワーカーの人々と、差し押さえる不動産屋を軸に展開していきます。離婚して、子どもと母親と三人で生活をしていた主人公は、建築業界の不況で職をなくし、家を差し押えられます。しかし、ひょんなきっかけで、彼は差し押さえた側の独裁者的不動産屋社長の元で働くことになります。搾取されていた人間が、搾取する側に回った時、どうなるかは想像がつきます。

罵声を浴びながら、自分の友人でさえも、その家から追い出す日々。手元には大金が集まり、豪邸を手に入れるのですが………..。

映画の中で、社長がこんな台詞を口にします。

「アメリカは勝利者の、勝利者による、勝利者のための国だ」

1%の勝利者と99%の敗者。政府も、銀行も、裁判所もすべて勝利者の御用機関になっていることに敗者

たちは怒りを限り無い怒りを持っています。多分、それは映画だけでなく、現在のアメリカの状況がそうなのでしょう。そこに、巧みにトランプ氏は食いついたのでしょう。日本では考えられない彼の人気ですが、ヒステリックに怒りとばす口調に敗者たちは心酔している、というのが現状なのではないでしょうか。彼なら、金持ちの味方ばかりする政府をぶちのめしてくれる、その希望が高い支持率になっているのかもしれません。

映画は、果てしなき欲望の泥沼と、個人のモラリティーが交錯するサスペンス。脚本はイラン出身のアミール・ナデリ、監督はやはり両親がイランからの移民のラミン・バラーニ、という外様だからこそ描ける世界かもしれません。蛇足ながら、主人公を演じた(上の写真)アンドリュー・ガーフィールドは、現在製作されている遠藤周作の「沈黙」のアメリカ版の主演に抜擢されたそうです。