「特集−寺泊、弥彦、岩屋、巻編」

と言われても、え?どこ?何県?、て感じですが、新潟発のミニプレス「Life-mag」最新号(972円)の表紙に書かれた地名です。新潟県弥彦山周辺の地域の、歴史、文化を見つめた特集です。長岡市の「寺泊」、西浦原郡弥彦村の「弥彦」、新潟市の「岩室」と「巻」。

越の国、開祖の祖神「おやひこさま」の姿を追いかけるルポからスタートします。この祖神を祀る彌彦神社の起源を権宮司に聞き、神事、様々な行事に参加しながらひも解いていきます。なにやら「ブラタモリ」的楽しさもある内容です。宮司へのインタビューで、神様も間違いをおかす?という話は見逃せません。

そして、もう一つの特集は、東北電力が角海浜に建設予定の原子力発電所をめぐる、旧巻町で行われた住民投票です。65年ぐらいから東北電力はダミー会社を動かし、大型レジャー施設建設という名目で土地の買収を開始、69年に「新潟日報」にすっぱ抜かれました。そして94年、建設計画が具体化してから、紆余曲折を経て、96年、日本初の条例に基づく住民投票が実施され、建設反対の結果を出しました。

が、電力会社、国、県はそれを無視。長い裁判闘争を経て、2003年計画は中止されました。その長く苦しい道程を、元巻町長や、反対運動を起こした人へのインタビューと、当時の貴重な写真で見せてくれます。

京都から新潟は遠い場所ですが、知らない地域のことを知って、行ってみようかなと思わせたら、ミニプレスの力って、そこらの付録だらけの雑誌より強いと、私は信じています。

その他にも、巻出身のシンガーソングライター(ステージ写真がとてもステキなじぃちゃんです)や、弥彦生まれで「劇団新派」唯一の女形の役者、英太郎さん等々が登場しますが、どなたも魅力的です。

「Life-mag」は、これから当店で取り扱いを始めますので、新潟出身の方も、そうでない方もぜひ一度、手に取ってみてください。

もう一点、南房総発のフリーペーパー「0470」も店頭配布を始めました。紅白の鯉が表紙のフリーペーパーです。こちらは数に限りがありますのでお早めに。