石田千の「月と菓子パン」(晶文社650円)、「屋上がえり」(筑摩書房700円)を読んだ時、著者の文章の”良い加減”なリズム感が心地よく、エッセイ界に新しい人が出現したなと、その後も注目していました。

彼女の初の小説集「あめりかむら」(新潮社700円)を読んでみました。芥川賞候補となった本作は、さらっと街の情景を描く彼女にしては、”濃い”お話でした。

ガンの手術から5年。再発に怯える女性が主人公です。この女性と、大学時代からすべてを卒なくこなし、陽の当たる道を歩んできた戸田君との関係が描かれていきます。何事も上手く行かない彼女と、人生をスキップで駆け抜けてゆく戸田くん。軽蔑の対象でしかない彼。しかし、大きく事態は変わります。突然の戸田君の自殺。えっ、何それ? 何でお前が死ぬの?? バカかお前は……..。

しかし、情緒不安定の彼女の脳裏に戸田君の残像が消えません。なんで、あんなヤツの顔が…..。ここから、彼女の行き場のない迷走が始まります。仕事で京都に来ていた彼女は、何故か買ったお土産を「四条大橋のまんなかで、ぜんぶ川に放り投げてやろうか。混雑する橋をにらんだ。そのとき、大阪へ京阪特急。」。そして突然、大阪へ向かいます。そこに個性的なおばちゃん、おっちゃん、アダルトショップのお客さんたちが登場してきます。

「戸田君。大阪はね、たくさんのひとが肉を喰らい、骨をしゃぶり生きているよ。」

という言葉で小説は幕を下ろします。あれほど嫌っていた戸田君、彼の死、そして彼女自身の心の葛藤に整理をつけた姿をチラリと覗かせた印象的なエンディングです。

この小説集には、第1回古本屋大賞を受賞した「大踏切書店のこと」も収録されています。じいちゃん、ばあちゃんだらけの街にある古本屋兼飲み屋を巡るハートウォ−ミングなお話で、この作家らしい”良い加減”な世界に満ちた短篇です。いいなぁ、この街。

Tagged with: