真っ赤な外函を取ると、出てくるのが、やはり赤一色の装幀の表紙。”History of Modern Art”という文字がうっすら浮かび上がっています。トータルで750ページの偉容を誇るこの本は、H.H.アーナスン著「現代美術の歴史」(美術出版社/初版5000円)です。

近現代美術史に始まり、今世紀の現代美術を下記の様に区分して追いかけて行きます

フォービズム→ドイツにおける表現主義→キュビズム→キュビズムの波及→20世紀初期の建築→幻想からダダへ→そして新即物主義→両大戦間のエコール・ド・パリ→シュルレアリスム→建築における国際様式→両大戦間の国際的な抽象美術→両大戦間のアメリカ美術→抽象表現主義とアメリカの新しい彫刻→戦後のヨーロッパ絵画と彫刻→ポップア−ト→1960年代の抽象→建築における国際様式 第二の波動→ポストミニマルの70年代→多元的な70年代→借用の80年代→建築におけるポスト・モダン

読むのに大変な労力の要る大著ですが、白黒、カラー図版を惜しみなく使用しているので、私などは、お気に入りを見つけて、その作家の項目を読み始めるのがベターです。

ところで、こういう美術の作品ってステキなものが多いせいか、CDジャケットに使われていんですね。3枚見つけました。また、アレクサンダー・コールダーの「ロブスターの捕り器と魚のしっぽ」というモビール風の作品は、海外の映画会社のロゴ宣伝に使用されていることを発見しました。映画のオープニングでモビールがゆらゆら揺れている横に会社のロゴが出てくるのをご覧になった方もおられると思います。ひょっとしたら、本の装幀に使われているのも見つかるかも。因みに発売された(1995年)のお値段は25000円です。

さて、豆本を作っておられる、杉本さんの新作が4点届きました。アポリネール「アムステルダムの水夫」、夏目漱石の「硝子戸の中」、小川未明の「橋の上」、石川啄木の「第十八号室より悲しき玩具抜粋」の四冊です。すべて素敵な装幀が施されています。

小川未明の「橋の上」は、和綴じの表紙に夕闇迫る川辺の橋を描いてあるもの。泣き止まない子どもに手こずる夫婦、誰もいない橋の上で、彼らを見つめる黒い影を描いたちょっとゾッとする小川らしい小品ですが、この表紙の絵がその世界にピッタリです。本好きの方へのプレゼントに最適です。ここだけにある本ですから。お値段は横7.5cm×縦9.5cmの豆本各1620円です。(限定販売)

 

 

 

★レティシア書房は12月29日〜2017年1月4日まで休業いたします。新年は1月5日から平常通り営業いたします。