私が初めて読んだ長田弘の本は、「深呼吸の必要」です。他には、みすず書房から出版された「一日の終りの詩集」(絶版2300円)や「死者の贈り物」(絶版1500円)が心に残り、今でもパラパラ捲っています。

「この世で、人はほんの短い時間を、土の上で過ごすにすぎない。仕事して、愛して。眠って、ひょいと、ある日、姿を消すのだ。人はおおきな樹のなかに」(アメイジングツリー)

「ほとんど百年を、愚直に生きてきて、そして、いま、あなたは 上手に死ぬことをもとめられている」(老年)

などのフレーズは、60歳を過ぎると切実です。

一作年亡くなった詩人長田弘が、雑誌その他に掲載していた短いエッセイを集め、著者自らが編集した「幼年の色、人生の色」(みすず書房2016年発行/1800円)は、美しい文章の詰まった一冊です。

「幼年の色、人生の色」にも彼らしいみずみずしい言葉が溢れています。朝起きた時に、どのページからでもいい、ひとつだけ、しっくりくるタイトルがあれば、そこを開くという読み方をお薦めします。

例えば「静けさというのは、何の音もしないということとは違う。静けさよりももっと静かな、もっと微かな音が聴き取れる事だと思う」という文章で始まる「ひそやかな音に耳澄ます」を読むなら、夜。TVもパソコンもオフにした状態で読むのがベスト。

音楽に関するエッセイも多く、若くして異国の地で客死したサックス奏者エリック・ドルフィーは、自分のサウンドを小鳥のさえずりに影響を受けたことに言及した上で、

「今の世界に満ちている敵意を嘆きたくなる日には、小鳥たちのさえずりを師とし、岩にうちよせる波の音を練習の仲間にした、ジャズの天才の遺した音に耳を傾ける。そしていま、もし小鳥たちがジャズを自由に演奏したなら、キビタキも、オオヨシキリも、きっとドルフィーのように演奏するにちがいないと考えると、いつのまにか気分が澄んで新しくなっている。」

と結んでいます。

また、ドルフィーが聴きたくなってきます。

 

★2月8日(水)〜19日(日)レティシア書房恒例「女子の古本市」を開催いたします。

東京、岐阜、神戸、大阪、滋賀、京都から20数店の女性店主がセレクトしたステキな本が、所狭しと並びます。ご来店お待ちしています。