今、話題の新刊本屋さん「Title」の店主、辻山良雄さんの「本屋はじめました」(苦楽堂1728円)を興味深く読みました。

この方、神戸出身で、早稲田大学を卒業後、西武系列の書店「リブロ」に入社。当時の「リブロ」は、最も知的で、新しいアートにも積極的に取り組んでいる、書店員憧れのお店でした。池袋本店にお邪魔した時は、心臓が止まりそうなぐらいの興奮に襲われた事を思いだします。

多分、書店員なら、こんな職場で思い切り本と格闘してみたいと思ったはずです。しかし、その後の新刊本屋さんの業績不振に、この書店も巻き込まれていき、辻山さんも職場を去らざるを得なくなります。閉店の寂しさと、新しい日が始まる期待の入り交じった複雑な感情は、私も経験したことがあります。

退社後、著者は自分の店を持つべく動き出します。これから新しいことを始めようという方には熟読して欲しいものです。開店までの道程の中で、一カ所、ああ、同じ思いだなぁと強く感じいった部分があります。それは、著者のお母様が亡くなられた時のことです。遺してもらったまとまったお金を前にして、こんな考えが過ります。

「自分はこの年でもう本を売る仕事しかできないかもしれないけれど、そのお金を使って他の人に喜んでもらうには、来る人がその人自身に戻れるような落ち着いた場所、さまざまな人が行き交い新しい知識や考え方を持って帰ることのできるような本屋を、小さくてもよいのでこの世の中に一つつくるしかないのではないかとも、同時にぼんやり思っていました。」

私自身、母の最期を看取ったあと、遺してもらったものを前にして、私のお金じゃない、店のためのお金なんだろうなと、やはり「ぼんやり」思ったものです。

店の物件を探し、レイアウトを決め、本を搬入してゆく様を描いた開店までの日々は、本好きの方なら誰でもワクワクする気分になってきます。開店の朝、ほんとにお客は来るんだろうか?という不安は、みんな同じですね。

この本は最後に「Titleが閉店する日」で終わっています。著者は、別の誰かがこの店を続けるという考えはないということの上で、この店を見た、どこかの誰かが、その人なりに考えて、その人らしい店を始めた時に、Titleが続いてゆくと書かれています。

なるほど、もし、自分の店を気にいってくれた誰かが、私ならこうすると新しい本屋を立ち上げてくれたら、これ程嬉しいことはないでしょう。

本の最後に、著者と誠光堂の堀部店長との「東西本屋店主対談」が掲載されています。こちらも面白い!

★2月8日(水)〜19日(日)レティシア書房恒例「女子の古本市」を開催いたします。

東京、岐阜、神戸、大阪、滋賀、京都から20数店の女性店主がセレクトしたステキな本が、所狭しと並びます。ご来店お待ちしています。