今年81歳になるイギリスの至宝ケン・ローチ監督の新作です。

1969年発表の「ケス」以来、ひたすら母国の下層階級の人達の姿を描いてきた監督は、前作「ジミー、野を駆ける伝説」で引退を表明していました。しかし、一向に改善されないイギリスの労働者救済システムの前に苦しい生活を強いられる人々の姿を見て、再度メガフォンを取りました。

ローチの作品は辛く、悲惨な世界です。しかし、99.9%絶望的であったとしても、僅かの希望を残してくれます。だから、安心して観ていられます。悲しい気分のまま映画館を出るような作品ばかり作っていたら、きっとこんなに世界的に認められることはありません。

この映画の主人公は、心臓に病気を抱えたベテランの大工。失業保険や、生活保護を受給するために役所を回りますが、硬直したお役所のシステムに阻まれてしまいます。この辺りの細かい描写は、イギリスの現実を映し出しているのでしょう。とてもリアルです。彼は、ある時、ロンドンから引っ越してきた二人の子持ちのシングルマザーと出会います。彼女もなかなか仕事が見つかりません。空腹に堪え兼ねて、食料配給所で、突如缶詰を開けて調理もしていない中身に食らいつくシーンは胸が痛くなりました。そこまで追い込まれている人達が少なからず存在しているのです。リアリストのローチならではのシーンです。

物語は、大工と、この家族の交流を軸に進んでいきます。もちろん、ステキでハッピーなエンディングなんて、期待できません。けれども、ここから映画は現実を超えて、人間の尊厳へと向かっていきます。オリジナルタイトル「I,DANIEL BLAKE」」は、格差社会の成れの果ての無慈悲な現実が、人としての尊厳を奪い取ることへの抗議と怒りです。そして、それでも人間への愛しさを表現した形で終わらせるラストは、感動的です。自分が困っているのに、さらに困っている人の手助けをする主人公の姿が、リアルに迫ってくるなんて映画なんてめったにありません。

★レティシア書房臨時休業のお知らせ 4月17日(月)18日(火)連休いたします。