賢治の絵本が2点入荷しました。

くもん出版が出している「宮沢賢治絵童話集」の第一巻(900円)は、ねずみが主人公の3編「ツェねずみ」「鳥箱先生とフウねずみ」「クンねずみ」と「どんぐりと山猫」が収録されています。ねずみ3編の絵を書いているのが、イラストレーターの飯野和好。クローズアップや、デフォルメされた映画的な構図で絵本の世界に引っぱりこまれます。そして「どんぐりと山猫」は司修が担当。こちらはハッとする色彩に溢れた絵で、主人公のやまねこって、こんなに女性っぽかったの?と原作を再読してしまいました。

もう一点は、「竜のはなし」(戸田デザイン研究室700円)。宮沢賢治のそんなタイトルの童話あったけ?と首を傾げましたが、これ、遺族の了解のもと、「手紙一」を改題したものです。内容的には、「よたかの星」、「グスコーブドリの伝記」に繋がる”自己犠牲”が主題になっています。戸田孝四郎の絵が、悲しくも美しい物語を見事に具象化しています。主人公の竜の変わり果てた姿が強い印象を残します。賢治自身が「このはなしはおとぎばなしではありません」と残しているところから、仏教的な説話を目指したのかもしれません。

賢治の傑作詩集「春と修羅」(日本図書センター2500円)の再発版も入荷しました。この詩集は、大正13年4月、東京の関根書店というところが発行元になっていますが、実質はほぼ私家版です。1000部発行の、当時のミニプレスみたいなものなので、この詩集のオリジナルなんて見ることは少ない本です。再発版もきちんと函に入っていて、オリジナル仕様に出来ています。

「四月の気層のひかりの底を唾し はぎしりゆききする おれはひとりの修羅なのだ」というカッコイイフレーズがよく引用されますが、なかなか理解できるものではありません。何度も読み返しました。長編詩「小岩井農場」で、賢治に散々引っぱり回されて、幻想の彼方と現実が交差する世界で立ち往生しましたが、それでも何度でもトライしたい詩集です。書き込み、線引きするなら、この再発版が便利です。

もう一点、金子民雄著「宮沢賢治と西域幻想」(中公 /絶版600円)をご紹介します。法華経を深く信仰していた賢治にとって多くの仏典が発見された西域は、永遠の憧れの場所でした。彼の作品や、詩に登場する西域を例示して、その意味を考察しています。タリム盆地からパミール、インド、ペルシア、さらに賢治は中近東までを視野に入れて、多くの物語を書いています。もちろん彼は、この地方を旅したことは全くありません。彼の心象に立上がってくるイメージをもとに描いていったのです。

 

★レティシア書房臨時休業のお知らせ 4月17日(月)18日(火)連休いたします。