毎回、ユニークなテーマで迫るミニプレス「月極本3」(YADOKARI1944円)の最新号は「好きなお金、嫌いなお金」が特集です。実は、この号で「個性派書店が選ぶ『お金』を知るための50冊」という特集を組むにあたって、本をセレクトしてくださいというお申し出がありました。

しかし、このテーマは案外難しいんですね。お金や金融の流れを解説したビジネス本でもなく、儲け方の本でもなく、もっとお金の本質に迫る本というのは。散々、悩んだあげく一冊のみ推挙しました。

本が出来上がり、この特集に参加された書店さんのチョイスした本を見ていると、う〜ん成る程なぁ〜と、その着眼点に感心していしまいました。少し、ご紹介します。

恵文社一乗店の鎌田さんは「エンデの遺言」。エンデが残したテープを元に制作されたドキュメンタリーから出来た本。「金利によって宿命づけられた経済成長本位の限界に異を唱え、そもそもお金とは何かという根源的な疑問」を語った一冊と説明されています。

長野の書店「栞日」オーナー菊地さんは「ゆっくり、いそげ」(大和書房1620円)。

この本は「クルミド出版」(当店でもクルミド出版の本は取り扱っています)を経営する「クルミドコーヒー」オーナー影山知明さんの本です。影山さんは、当店にも来られた時にお話をしましたが、明確なビジョンをお持ちで、「グローバル経済」と「スローな経済」の真ん中を行く、新しい経済について書かれています。実に面白い本です。

豊中の「blackbird books」店主、吉川さんは、サローヤンの「パパ・ユア・クレージー」。やるなぁ〜!、この本選ぶなんて。「幸福はお金とは別の場所でいつも生まれていること」に気づかせるとおっしゃていますが、その通りですね。伊丹十三の翻訳も素晴らしい!

「誠光社」堀部さんは、橋本治の「貧乏は正しい」。これも、なるほど〜!です。私も昔、読みましたが、わかったようで、わからん本でした。堀部さんは「若いことはすなわち貧乏である」という意味を理解するまで時間がかかったと書かかれていますが、自分の中にストンと落ち着くまで、時間のかかる本なのかもしれません。

さて、私が選んだ本は、以前に「店長日誌」でも紹介した渡邊格「田舎のパン屋が見つけた『腐る経済』」です。

信頼できる人から、それ相当の金額で正しく買うことで、お金の呪縛から解き放たれることを書いた、パン屋の青年の主張に納得させられた一冊です。この本は、今回の特集号の中で、もう一店が推薦されています。話題の新刊書店「title」さんです。店主の辻山さんが書かれた「本屋、はじめました」に共感して、ブログでも取り上げました。今、一番、お話したい店主さんです。

他にも、個性的、魅力的な書店さんが並んでいます。こんな本を選ぶんだ!という予想外の楽しさ一杯の特集です。