「京都文芸洛草」、「おかもちろう」等ユニークな雑誌、書籍を発行する「しろうべえ書房」さんが、関西TVの朝の番組「よ〜いドン」の中の人気コーナー、「となりの人間国宝」に昨日出演されたそうです。

関西人なら、このコーナーは誰でもご存知ですよね。タレント&歌手の円 広志 が、ぶらっとお店を訪問して、そこのオーナーとしゃべるというものです。そして、認定書「となりの人間国宝さん」シールを貼ってもらえます。

でも、出版社って初めて?しかも、インディ−ズ系なんて凄いですね。この出版社とは「京都文芸洛草」創刊以来からのお付き合いです。雑誌部門では、この本以外に「おかもちろう」、「mochiko」を発行。単行本も「鴨川左岸」「愛と家事」等、コンスタントに、ひとひねりした書籍を刊行しています。会社は奥様と二人で経営されています。

当店では、どの本も9割の売りという抜群の成績です。昨日、社長と奥様と小さなお子さん(二代目?)でTV出演報告と一緒に、新刊をお持ちくださりました。

それは歌集+歌論の二冊セット、三宅勇介著「亀霊」(2700円)です。この歌集は作りが贅沢です。20数種類の紙を使用して、美しい製本をしています。各々紙の質感、デザイン性、微妙な色合い等が楽しめます。触って良し、見て良しという感じです。

さて、肝心の歌集ですが、これが面白い。日常のある瞬間をストップモーションにしたような作品、例えば

「トイレット・ペーパーの芯カラカラと回りたるを止め静寂を統ぶ」、

「見逃しの三振したる打者は皆必ず睨む虚空持ちたり」、

等、その瞬間の映像がすっくと脳裏に立上がってきます。

その一方、ちょっとシニカルに私たちの行動を見つめた作品も目立ちます。

「このカレー普通に旨しと言ふ奴の普通につきて熟考をす」

「自動ドアまだ開く前にぶつかりて春の嵐に押されたふりをす」

など、クスッと笑えそうな作品ですね。歌集なんてとお思いの方、ちょっと高いですが、素晴らしい製本を楽しむつもりで如何でしょうか。

蛇足ですが、この作家は愛犬家?なのでしょうか。犬がらみの作品をチラホラ見かけます。

「耳立てて風の文法解読しヨークシャー・テリア首傾げたり」