「コペルニクス的展開」略して「コペ転」。とんでもない考えや発想、或は物に出会った時に口から出る言葉ですが、本日発売の「コトノネvol.22」(780円)に掲載された岡田美智男さんへのインタビュー『弱いロボット』だから、できること」は、まさに私には「コペ転」でした。

私たちのロボットへのイメージの底辺にあるのは「鉄腕アトム」でしょう。人間のために働き、人びとの幸福のためにその能力を駆使する、というものです。生産ラインで働くアームロボットも、介護現場に投入されつつある介護ロボット、最近で銀行等でも見受ける人体型営業サポートロボット等々。みんなアトムの延長上にいます。

しかし、豊橋技術科学大学教授、岡田美智男の提唱するロボットは、ゴミが落ちていても、拾ってくれない、仕事を与えてもオロオロ、ドジなロボットです。ゴミが落ちているあたりでモジモジしていると、傍にいた人がつい手をだして、ゴミを拾ってゴミ箱に入れてしまう。結果、その部屋は片付くということです。

不完全なロボットという、世の常識をひっくり返す発想について、こう語ります。

「ぼくらのコミュニケーションは、そもそも不完全なんです。それでも、ぼくらが何も不自由さを感じないのはなぜかっていうと、その不完全な部分を補ってもらって完結させている。なら、ロボットも必ずしも自己完結する必要がないんじゃないかな、とつくりはじめました」

そうか、僕たちが不完全なら、ロボットも不完全でいいや、なんてフツー考えます?

「もともと、わたしは役に立つっていうのが好きじゃない。むしろ、気持ち悪い。完成したロボットに周りを囲まれる生活って嫌だなと、それではぼくらは完全に受け身になる。俺は何すればいいんだって、とまどいだけあった。」

役立たずのロボットは、人を能動的にしてゆくのか!不完全な存在である人と、同じく不完全なロボットが手助けをして、目的を達成する共存の関係へと話は続いていきます。

これは、SFアニメの世界ではありません。現実に、弱さの共有から、新しいコミュケーションを模索している科学者たちのプロジェクトです。ロボットに興味なんかなくっても、「コペ転」的驚きで、ご自分の脳内をシャッフルしてみては如何でしょうか。新しい見方、発想が生まれるかもしれません。