「日本野鳥の会」創設者、中西悟堂(1895〜1984)は、鳥の研究者であり、歌人であり、詩人であり、そして僧侶でした。寺田寅彦や、野尻抱影、岡潔らの自然科学者の優れたエッセイと同様、やはり彼も沢山書いています。

昭和32年に発行された「野鳥と生きて」(ダビッド社/重版・箱付2800円)もそんな一冊です。

「目もはるかにうちひらけた刈田の近くにも遠くにも、日を受けて黄いろく光る稲城の列が、一個小隊ずつの兵隊のように並び立つかなたに、東の空を極めて大きく孤状に塞いで 立つ滝山が」で始まる「鷲のプロフィル」は、蔵王山頂で見つけた鷲の姿を捉えた記録です。

「晴れた空間に唯一羽、光を浴びて舞いすましているその両翼の張りの立派さは、双眼鏡で検めるまでもなく、イヌワシであった。このあたりのどの山塊に棲むものであろうか?山稜のうしろへ次第に消えようとするその姿は、目に見えぬ糸でひっぱるように、私の足を頂上へと早めさした」

鳥の研究者が、一人ひた向きに、夏の蔵王山を、イヌワシの姿を求めて登ってゆきます。

あるいは、奥日光の秘境、西ノ湖で、思いがけずコチドリがいることを見つけ、「コチドリやイタチの足痕に交じって、夏だというのに、日本には冬しかいない筈のコガモの足痕が点々とあるのである。よく知っている足痕だから、まちがいはない。」とウキウキしながら鳥探しをしている男の姿が見えてきます。

とにかく、学者はよく歩く。若き日、寺で百八日間の座行、二十一日間の滝行、同じく断食を行ったのだから、どんな場所も平気。さらに、ある時期、野原の一軒家に住まいして、ソバ粉と大根と松の実を常食として、日々自然を見つめて暮すという、まるでソローの「森の生活」を実践するような生活を送っていました。

中西は、鳥の研究者であり、森の人でもありました。「敗れた国にも山河はあって、そこに咲くくさぐさや花や、鳴禽の囀りは昔のままだ。その花や鳥、せっかく残された国の宝、われわれの共有財産を、諸嬢よ、むやみにおびやかしたり、むしったりしてはならない。」と「若葉の旅」で述べています。昭和9年、「日本野鳥の会」を設立して、その時代から環境破壊への警告をしていました。

なお、平凡社STANDARD BOOKS シリーズとして「中西悟堂 フクロウと雷」(新刊 1512円)というコンパクトサイズのエッセイアンソロジーもあります。夏休み、高原や山に行かれるなら一緒に持っていくのに最適ですね。

ところで中西は60代手前で、冬でもパンツ一枚で過ごしだして、「心の修行などは、あてにならぬ 躰の修行からはじめよ」とこのスタイルで体操をし、長距離を歩いたらしい。赤塚不二夫の「おそ松くん」に登場するデカパンだったのか、彼は……..。