最近TVのCMで気になるのは、やたらと部屋の、或は衣服の匂い消し商品のCMが増えていることです。最低限のエチケットは必要ですが、匂いを徹底的に敵視して、完璧に消そうとする意図があります。そんなに、科学薬品を部屋に充満させて大丈夫かと思いたくなります。「抗菌グッズ」もそう。人間は様々な菌と共生しているのに?と疑問でした。

匂い消しや抗菌機能をさらに、さらに高めるのに日々邁進しているみたいです。それは、一商品に留まらず、すべての生産活動に当てはまります。

山口ミルコは「似合わない服」(ミシマ社1620円)で、こう述べています。

「私たちは速く生産し、速くお金に換えることをしばしば周囲から求められる。誰が私たちを急がせているのだろう?社長や上司といった誰ではないはずだ。もっと大きなもの。目にみえない、大きな何か」と。

著者の山口は、20数年間出版社勤務を続け、様々な本を出版してきました。癌を発病し、苦しい長い闘病生活を経験し、癌の告知と前後して、会社を辞めて文筆活動を始めました。

彼女は癌になった感覚をこんな風に書いています。

「一心不乱に、勝手な編み物がすすめられている。何者かによって。ものすごい速さで。私の意志はそっちのけで。そして異常な細胞が美しい編目で編まれて『どう?とてもステキでしょう』と誇らげにヒトの体にまとわりつく」

この本は、よくある癌闘病記ではありません。病になって、世の中の大きな流れから一歩身を引いた時、見えてきた事をざっくばらんに語った本です。生態系も、人間関係も、ぶっ壊しながら猛進する資本主義というものは、人類全体にとっての似合わない服なんじゃないか?著者は癌という病を得て、「Change」が一番大切だと気づきます。自分が変われば、世界は変わると。

「病むということは、その人にとって何かが間違っているというシグナルなのである」と著者は言います。ならば、病んだ社会というのは、何かが間違っているというシグナルという事です。

アウトドアカルチャー「パタゴニア」創始者、イヴォン・シュイナードは映画「180°SOUTH」(DVD2500円)で「世界中のほとんどの問題は方向転換すれば解決する。欠陥のあるシステムを維持する必要はない」と語っています。

間違っているならば、方向転換すればいいだけの話なんですが……..。