愛媛県松山市にある伊丹十三記念館が、文庫サイズのガイドブックを出していました。題して「伊丹十三記念館ガイドブック」(1000円)。多方面で才能を発揮した伊丹の痕跡を、商業デザイナー、俳優、エッセイスト、イラストレーター、精神分析啓蒙家、CM作家、映画監督と、活躍したフィールド別に、さらに料理通、乗物マニア、猫好きという趣味の世界からも紹介していきます。

60年代、映画出演のため滞在していた、ヨーロッパでの日々を綴ったエッセイが、山口瞳編集の雑誌「洋酒天国」に「ヨーロッパ退屈日記」として掲載されました。今なら、「ですよね」とか「なのだ」といった、話しかけてくるような言葉の使い方はフツーですが、当時は極めて珍しいものでした。こういう文体を開拓していったのが、伊丹でした。

ここでは取り上げられていませんが、翻訳家としての伊丹もわすれてはいけません。W・サローヤンの「パパ・ユア・クレージー」は、今もよく読まれていますし、マイク・マクレディ「主夫と生活」(KTC出版)といったエッセイも翻訳しています。これは、仕事を辞めて主夫になった著者が、育児や家事に奮闘した1年間を記録した実録ものです。伊丹の翻訳しそうな一冊です。

このガイドブックで貴重なのは、CM作家として活躍していた時代の作品が取り上げられていることです。CMの画像と解説が一緒になっていて、彼の才気ぶりが伺えます。担当していた「マヨネーズ」CMで「スーパーにおける味の素マヨネーズの正しい買い方」の絵コンテとナレーションが収録されていて、これを見ていると、後年、細部まで拘り続けた映像作家としての伊丹を彷彿とさせます。

愛猫家としての伊丹も取り上げていますが、伊丹自身による猫のイラストが何点か描かれています。絵が上手いのは有名ですが、それにしても上手い!猫好きはぜひ見て下さい。

さすがに記念館が制作しただけあって、父伊丹万作と共に移っている赤ん坊の時の写真とか、小学校時代に作った日記、細かく描いた植物のスケッチ、デザイナー時代の車内吊りポスターの図録まで多方面に渡って集められています。この本片手に記念館に出向きたいものです。

★吉田篤弘の新刊「京都で考えた」(1620円)が発売されます。

全国発売は10月20日ですが、京都地区先行販売が決まりました。また、ご予約された方には先着でサイン本をお渡しします。先行発売は10月12日(木)です。