1月から12月まで、京都の各地で撮影された写真を見ていると、つくづく京都って美しい都市なんだなと再認識します。

本日より越智信喜さんの写真展が始まりました。越智さんは、大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業後、祇園祭などの伝統行事や茶道具の写真を撮り続けて来られた写真家です。今回の個展は、京都の神社仏閣の四季を、依頼を受けて撮り下ろした中から12点、選びぬかれた美しい写真を展示しました。

1月高山寺の広間から捉えた冬景色。雪を冠った庭園と広間に射し込む冬の光、静寂な冬の一場面。そして2月は有名な城南宮の枝垂れ梅、3月は出町柳の長徳寺の桜。4月松尾大社の山吹の鮮やかな黄色、5月は神泉苑のつつじ、6月両足院のこれまた有名な半夏生、とそれぞれの季節の花々の美しいこと美しいこと。こうしていると京都の観光地としての魅力が、侮れないことに改めて気づかされます。近くにあるからといって甘えてないで、季節を楽しむ余裕を持ちたいものです。

7月真如堂の青楓は爽やかな早朝の風を感じます。8月西陣の本隆寺の百日紅は、今は屋根の改修工事のため切られてしまったらしい。9月大沢池の蓮の深い色合い、10月は西本願寺の屋根(写真上)の、背後に広がる澄み切った空が主人公。屋根の輝く銀色と、青い空の微妙なコントラストを見せるのは、プロの写真家ならでと惚れ惚れします。(ちなみに西本願寺のイチョウは今年の台風で枝が折れて、写真に撮られた形では残っていないそうです。)

そして11月、護法堂弁財天の鳥居(写真右)をローアングルから捉え、奥に広がる紅葉は輝いています。12月は妙満寺の広間から撮影された「雪の庭」(写真下)。ここは、もともと「雪の庭」という名で作られたということで、1月1日に雪が降るやいなや、カメラを担いで走ったのだそうです。結果、赤い毛氈と白い雪、逆光で沈む障子の黒、絵のような一枚となりました。

年末の慌ただしい時期に、京都観光の代わりと言っては何ですが、ちょっとほっこりして頂ければ幸いです。(女房)

★尚、展覧会の写真を収めた写真集「京・四季彩」(1000円・税込み)を販売しています。