エスペラント語は、ルドヴィコ・ザメンホフ達が考案・整備した人口言語です。母語の異なる人々の間での意思伝達を目的とする言葉で、宮沢賢治が熱心に普及活動をしていました。一方のユニバーサル言語は、映画「メッセージ」で、ヒロインのルイーズ博士が、高度な知性を持つ宇宙人から伝授された言語です。

映画館で初めて「メッセージ」を観た時、「賢治の世界に近似しているけど、一体何が?」とモヤモヤしていたのですが、購入した映画のブルーレイを先日見直して、胸のつかえが取れたような気がしました。

賢治はおそらく、彼の永遠のテーマだった「世界が幸せにならない限り、個人の幸せはない」を実践するツールとして、この言語を考え、ルイーズ博士もまた、世界が一つになる言語として宇宙からの贈り物を考えたのだと思います。つまり世界を一つの共同体として結びつける言葉こそが、人間を幸せにするのだという考え方です。

「銀河鉄道の夜」で、ジョバンニは時空を越えて旅を続けました。そしてルイーズ博士も、これからやってくる未来を見つめる旅に出ます。その結果、ジョバンニは親友カンパネルラの死に、そしてルイーズ博士は、自分の娘の死という悲しい現場に立ち会うことになります。でも、ジョバンニは「きっと、ほんとうの幸福を求めます」と前を向き、ルイーズ博士も、辛い未来があることを承知の上で、その道を選びます。

「銀河鉄道の夜」には初期形「ブルカニロ博士編」というのがあり、個人的にはこちらの方が好きです。カンパネルラを失ったジョバンニの前に、優しそうなブルカニロ博士が登場してきて、生と死、永遠の時間の流れなど極めて高度な哲学的テーマを語りかけます。この辺りの描写はますむらひろし版の「宮沢賢治全集2」(メディアファクトリー/古書900円)をお読みいただければイメージが掴めます。ブルカニロ博士はジョバンニをタイムスリップさせて、これから彼が進むべき道を示唆します。一方、「メッセージ」のルイーズ博士は、未来を解き明かす言語を与えられ、これからの人類が進むべき道を歩んでいきます。

最も大事なことは「言葉」です。

賢治は言葉の魔術師だと思います。彼の長編詩などは、その最たるものです。彼の詩や、童話に登場する言葉の深い思いを読み解くのが、池澤夏樹の「言葉の流星群」(角川書店/古書1200円)です。何冊か賢治解読の本を読みましたが、今のところこれに勝るものを私は知りません。「流星群」なんて、宇宙に関係する単語がタイトルに入っているのも、何やら「メッセージ」を連想して、この二つの共通点を感じました。

 

●レティシア書房のお知らせ●

 年始年末 12月29日(金)〜1月4日(木)休業いたします。