お休みの月曜日、寒い一日でしたが、奈良郡山のある書店「とほん」に出掛けました。近鉄京都駅から橿原神宮行き急行に乗ってほぼ1時間、郡山に到着。駅前の商店街を通り抜けて、10分程で目指すお店を見つけました。外光を上手く取り入れた、明るく見やすいお店です。

店長の砂川さんとは、開店前に一度お会いしたことがあり、お話しの様子からセンスの良い店になりそうだなぁと思っていたのですが、その通りでした。古いミシン台や机を活用したレイアウト。取り扱っておられるのは、古書、ミニプレス、新刊、そして雑貨です。壁面を利用した小さなギャラリーもあり、日下明「はかりきれない世界の単位展」をされていました。

魅力的な本が巧みに陳列されていて、どれも手に取ってみました。当店のブログでも紹介した、くどうなおこ作、松本大洋絵の「『いる』じゃん』(スイッチ・パブリッシング/新刊1728円)や、インドタラブックスの本を紹介する「世界を変える美しい本」(ブルーシープ2400円)などが平積みしてありました。いい本を売っていきたいという気持ちはどこも同じですね。

お店が入っているビルはかなり広く、店横の廊下はそのままギャラリーとして日下明さんの作品が飾ってありましたが、風が通り抜けるので、ちょいと寒かったです。通路の奥にはガラス工房が入居していました。

店長のお話によると、この辺りは呉服屋を中心とした商店街だったのですが、ご他聞にもれずシャッターが閉っている店が数多くありました。しかし、古い街並みを生かしながらリノベーションして、新しい文化発信の地になれば、素敵な街に甦りそうです。

砂川さんは、お店の運営の傍ら、ミニプレス「ブックレットホン」(648円)を発行されています。最新号は「椅子と本」という特集で、様々な角度から椅子と本にまつわる話が満載です。このミニプレスのファンは増えてきているので、ぜひがんばって発行を続けて下さい。

ところで、郡山の名物ってご存知ですか?それは金魚の養殖。とほんにも、可愛い金魚が泳いでいました。奈良にぶらりとお出かけの節は、ぜひ寄っていただきたい場所です。

店舗情報 

【営業時間】11時から17時【定休日】木曜日【電話番号】080-8344-7676【住所】〒639-1134 奈良県大和郡山市柳4-28

 

【アクセス】近鉄郡山駅からのんびり歩いて10分、JR郡山駅から町並みを楽しみつつ徒歩20分

【駐車場】なし(徒歩4分の場所にコインパーキングあり)

Tagged with: