「房総カフェ」を出版している暮ラシカルデザイン編集室が「房総コーヒー」(1350円)を出しました。巻頭に、幼い時に南房総に暮らした安西水丸の文章が載っています。

「一流のものを見て育つことはもちろん大切だが、ぼくに関していえば小児喘息の悪化で、3歳から数年南房総のほとんど文化のない土地で暮らしている。」

文化的に不毛だと嘆きながらも、「ぼくは海が好きでよく海辺を歩いた。太平洋の波が押し寄せていた。太陽は水平線から昇り、背に陽を浴びると波は透けて見えた。ぼくは一流のものを感じた。ダ・ヴィンチにもミケランジェロにもない一流の姿だった。」

たしかに、東京の背後にありますが、この本に登場するカフェの写真と店主の珈琲への拘りを読んでいると、自分たちの生きてきた土地への思いや、そこでお店を営み、お客様に一瞬の幸せを提供する喜びが見えます。ゆっくりと寄せては返す太平洋の波の如く、地に足のついた珈琲文化が育っています。

この本は、情報誌によくあるお店紹介的なものではありません。珈琲を通して、店主の生き方や世界観が、発行責任者であり、ライターでもある沼尻瓦司の文章で綴られている読みものなのです。

「自分の今この瞬間の精神に向き合える自由。理念や思想、価値観から解き放たれた時、感性が研ぎ澄まされ、心地良い緊張が身体をすくっと貫く。そう、それは遥か遠くの地へ旅に出た時の感覚と似ている。思考が許容量を越えて溢れ出さんとした時、旅先のコーヒーに、どれだけ救われてきたことだろう」

自家焙煎珈琲とパンの店「KUSA」探訪記などは、沢木耕太郎のトラベルノンフィクションを読んでいるような気分です。

大都会のトレンドに引っぱり回されない、自分たちにジャストフィットした暮らしを続ける人達の日々を、文章と写真で描いた素敵な一冊です。

安西さん、この地が文化的不毛だなんてことありませんよ。こんなにグレードの高い文化が育っているじゃありませんか。

 

●暮ラシカルデザイン編集室が出している「房総カフェ」は、3号と4号のみ在庫あります。

 

●レティシア書房のお知らせ●

 年始年末 12月29日(金)〜1月4日(木)休業いたします。