西村ツチカの「北極百貨店のコンシェルジュさん ①」(小学館/古書500円)は、来場するお客様がすべて動物という奇妙な百貨店で、個性的なお客の相手にする、新人コンシェルジュ秋乃さんの毎日を描いたコミックです。

問題を抱えたお客たちと秋乃さんの交流の物語で、優しいタッチで多くの動物たちが登場します。少女マンガらしい世界なのですが、オチが見事なのです。全5話収録されていますが、その主人公たちはすべて絶滅してしまった動物達です。

第一話「笑うお客様」に登場するフライフクロウは、こう書かれています。「フライフクロウ ニュージーランドに生息。体長40cm。高笑いのような鳴き声が特徴。1914年、サウスカンタベリーでの目撃記録を最後に絶滅。」

この百貨店にはVIPならぬVIAというランクのお客様がいます。VIA=Very Important Animal,即ち絶滅種の動物達なのです。

第二話は、1880年代に棲息地だった北米から姿を消したウミベミンク。第三話には日本オオカミが登場します。これ、オスのオオカミが慕うメスオオカミとの恋物語になっています。

「ニホンオオカミは古代から社に祀られる信仰の対象であり、多くの民話が残されている。くわしい生態は不明のまま1905年に絶滅。」

百貨店スタッフの協力で、VIA待遇の二匹、いやお二人はゴールインとなります。しかし、そんな情景をここに勤務する外商マンが吐き捨てるように、「ふん、よってたかって絶滅種の恋路に介入して、人工繁殖もかくやとばかりの造物主きどりですか。」と言い放ちます。

可愛らしいキャラが登場するコミックでありながら、人間が滅ぼしてしまった動物たちへのレクイエムを随所に散りばめた作品です。なお、このマンガは現在「ビッグコミック」に連載中です。

西村ツチカは、短篇集「西村ツチカ作品集 なかよし団の冒険」で文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞後、着実にファンを獲得している作家で、この本の帯には、松本大洋、恩田陸の人気作家が賛辞を書いています。

ニホンオオカミといえば、古代から社に祀られる信仰の対象であったニホンオオカミの、護符をめぐるノンフィクション「オオカミの護符」(小倉美恵子著 新潮社/古書900円)は、映画「オオカミの護符ー里びとと山びととのあわいに」のプロデューサーである本人が書いた、オオカミ信仰にまつわる傑作です。こちらもぜひどうぞ。

 

  ★お知らせ★

  レティシア書房 第5回「女子の古本市」2/21(水)〜3/4(日)

京都・大阪・兵庫・滋賀・岐阜・東京などから、出展者が女性という古本市です。お買い得の面白い本を見つけて下さい。