講談社が、戦後すぐの1946年に創刊した文芸誌「群像」には、多くの文学者が作品を発表 しています。

原民喜「鎮魂歌」や安岡章太郎「悪い仲間」、小沼丹「懐中時計」などは、発表された後に書籍化されていて私も読みました。悪に憧れる青年たちの心象風景を描く「悪い仲間」の面白さが印象に残った記憶があります。

家族の何気ない日々を描いた庄野潤三の「プールサイド小景」も、たしか「群像」に発表され、その後1955年の芥川賞を受賞しています。小津安二郎的な小市民の世界を描いてきたと勝手に思い込んでいたのですが、この作品は異質でした。

先日、文庫版「プールサイド小景・静物」(新潮文庫/古書250円)を再読しました。都会の日常生活をスケッチ風に描きながら、壊れてゆく幸福をクールなタッチで書いています。

「プールの向こう側を、ゆるやかに迂回して走って来た電車が通過する。吊革につかまっているのは、みな勤め帰りのサラリーマンたちだ。彼等の眼には、校舎を出外れて不意にひらけた展望の中に、新しく出来たプールいっぱいに張った水の色と、コンクリートの上の女子選手たちの姿態が飛び込む」

「プールサイド小景」は、こんな都会派小説風の描写で始まります。そのプールの傍で、子供たちを泳がせている父。夕闇が迫る頃になると、「大きな、毛のふさふさ垂れた、白い犬を連れた」妻がお迎えにやってきます。誰が見ても幸せそうな家族なのですが、実は夫は会社での不始末を切っ掛けに解雇されているのです。そして、徐々に忍び寄る家族の崩壊…….。今ならTVドラマにも描かれないようなよくあるお話なのですが、ゾッとするのは終盤の描き方にあると思います。

しばらくは家にいたものの、世間体やら、子どもの手前、そういつまでもこのままではいられなくなった夫は、あてもなく仕事場に向かうような姿で出て行きます。その後ろ姿をみた妻は夫は帰ってくるのか、そんな不安と焦燥にかられます。

「プールの向こう側を、ゆるやかに迂回して走って来た電車が通過する」という最初のシーンが再び登場します。しかし、そこに華やかな女子高校生の姿はありません。ポツンと浮かび上がるのは……..。

最初に読んだ時は感じなかったのですが、小説がものの見事に映像化されています。この文庫には、「家庭の危機というものは、台所の天窓にへばりついている守宮のようなものだ」で始まる「舞踏」も収録されています。こちらは若い夫婦に忍び寄る家庭の危機が描かれています。

★4月9日(月)10日(火)連休いたします。

4月11日(水)から、京都の出版社ミシマ社の展覧会『ミシマ社と京都の本屋さん』を開催します。

 京都の本屋さんマップをレティシア書房の壁に作り、刊行した書籍や制作資料も展示します。お楽しみに!