名古屋発のミニプレス「棲(すみか)」は、タイトル通り「住む」という事に特化した雑誌です。最新14号の特集は「家をつくる、という冒険」(972円)。この特集の中に、愛知県にあった自宅から、岐阜県に自分の理想の家を建てるために、5年間せっせと通って、自力で家を建てた女性が紹介されています。

40代後半。自分だけの場を作ろうと思い立ち、方々探し50歳の時、この地を見つけて、雑木をチェーンソーで伐採することから始まりました。もちろん、いくら何でも一人で家なんて建てられません。基礎部分は、岐阜の工務店にたのみました。それから5年。井戸を掘ってもらったり、建具屋さんに玄関ドアを依頼したりと多くの人に助けてもらいながら、花や野菜を植え、愛犬の囲いを作り、家を整備していきました。

彼女は独身ではありません。既婚者で、別に離婚の危機があるわけではありませんが、一番大変だったのは「家を出ると夫に告げた時だった」そうです。

「なにもかもなくす覚悟を決め、自分本来の生き方を始めたら、人も知恵も集まってきた」

という彼女の言葉はとても重いと思います。

もう一人、極めて潔い生き方をしているすぎのまきこさんが登場します。馬二頭と犬一匹と暮らしているのですが、その暮らしはまるで遊牧民です。夏は京都北部の山間部にある村で暮らし、冬は琵琶湖西岸、高原市のゲルで暮らしています。定収もなければ、未来もどうなるかわからない。けれども、彼女の生き方は決まっています。

「私はジプシーのように生きたい。意味も残さず結果を残さず、この世から消えてゆきたい」

そんな彼女のもとには、多くの人達がその魅力に引かれてやってきます。こんな自分流の生き方は、なかなかできないけれども、余計なものをそぎ落とすことの素晴らしさにはあこがれます。

 

 

 

ミシマ社さんの「京都本屋さんマップ」ついに、昨日完成しました!その労力と根性に拍手です!!「ミシマ社と京都の本屋さん展」は、本日5時過ぎまで。ぜひ、このマップを見に来て下さい。全部作った長谷川さん、お疲れ様でした!!