数日前、翻訳家の藤井光さんが来店されました。現在、同志社大学で英文学を教えておられます。英米文学の翻訳家として、村上春樹、柴田元幸とともに人気があり、当店では、代表作テア・オブレヒト「タイガーズ・ワイフ」(現在品切れ)、アンソニー・ドーア「すべての見えない光」(新潮社/古書・2400円)など、藤井さんの翻訳本コーナーも設置しています。

藤井さんも参加されている「きっとあなたは、あの本が好き」(立東舎/古書・絶版1900円)は、スリリングな読書案内です。翻訳家の都甲幸治が中心となって、様々な作家を数人のゲストが論じ合うもので、「村上春樹が気になる人に」、「ルイス・キャロルが気になる人に」、「大島弓子が気になる人に」、「J・R・R・トルーキンが気になる人に」といった具合に、8人が選ばれています。

取り上げられている作家によってメンバーは変わるのですが、「大島弓子が気になる人に」では都甲に、藤野可織、朝吹真理子という芥川賞作家二人という興味深い組合せ。大島の「バナナブレッドのプディング」から入り、彼女が好きなら気にいる作家として、ミランダ・ジュライへととんでいきます。

藤井さんは、「村上春樹が気になる人に」と「ルイス・キャロルが気になる人に」に参加されています。

「キャロルについて三十〜四十代の男だけで語っているというこの状況も、普通にはありえないでしょ(笑)。でも、キャロルが『不思議の国のアリス』を書いたときには、三三歳。『鏡の国のアリス』が出たときは三九歳。広く見ればだいたい我々くらいのときに書いているので、書く側の心理がむしろわかるかもしれない。」

とおじさん三人(都甲幸治・武田将明・藤井光)で語り合うキャロル論が面白い。アリスが、ロリータファッションの起源の一つになっていることを踏まえて、このファッションの登場する嶽本野ばらの「下妻物語」を俎上に上げる辺りから、面白さのボルテージが上がります。ここに、キャリーぱみゅぱみゅまで登場させて、ロリータもキャリーも、その格好自体が、ハイブリッドでグローバルなアピール力を持っていると論じていきます。

さらに面白かったのが「トルーキンが気になる人に」です。都甲幸治が、トルーキンの「ホビットの冒険」と村上の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」の類似点を上げた上で、「村上春樹には、もうちょっと現代文学面白くていいんじゃないのとか、もうちょっといろいろな仕掛けがあっていいんじゃないのみたいな考えがあって、大幅にファンタジーの手法を使っているんでしょうね。」と書いています。ファンタジーの面白さを理解していないと、春樹は読めないんだという考え方ですね。

勝手ながらレティシア書房は、5月7日(月)〜10日(木)連休させていただきます。よろしくお願いします。