アメリカ人のフィギュアスケート女子選手として、初めてトリプルアクセルに成功し、92年アルベールビル、94年リレハンメルの冬季五輪にも出場したトーニャ・ハーディング。92年、彼女の元夫ジェフが、トーニャのライバル選手を襲撃して負傷させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を引き起こし、トーニャのスケーター人生は転落していきます。映画「アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル」は、彼女の栄光と悲惨を描いたドラマです。

映像表現、脚本、音楽、そしてキャスト、どれを取っても満点に近い出来です。本物のトーニャそっくりのマーゴット・ロビーが、インタビューを受けるシーンから映画は始まります。

幼年時代、暴力的な母親のもと、スケーターとしての実力をつけた彼女は、徐々に頭角を表していきます。他の選手が流麗なクラシック音楽に乗って演技をするのに、トーニャはハードロックです。特訓を受けたというマーゴットが、リンクを滑り、カメラが彼女を追いかけます。フィギュアスケートを撮ったシーンとしては、最高の出来上がりではないでしょうか。

トーニャは、知り合った男ジェフと結婚します。この男がDV男なのですが、殴り倒されても、母親との暴力に慣れていた彼女は、夫の急所を蹴り上げます。こんな夫婦が上手くいくわけがありません。なんと、夫は、彼女のライバルを脅迫することで、トーニャの女王の座を守ろうと思いつきます。その相談を受けた友人が、過食症気味で、仕事もせず、自分を英雄視するどうしようもない男。アメリカの貧困層であえぐ若者を象徴しています。

脅迫で終わらせるつもりが、これまた暴力的な友人がライバル選手ナンシーを襲撃してしまい、大きな事件になってしまうのです。マスコミに追われ窮地に追い込まれてしまうトーニャは、FBIの追求に晒されます。

一人の選手の頂点からの転落を描きながら、アメリカの幻影と現実を浮かび上がらせていく映画です。他の選手より技術力の高いトーニャですが、大きな大会で1位になれません。審判を問いつめたところ、返ってきたのは、貴方の家族がアメリカ的でないからという答え。優しい母と立派な父に囲まれて、プールのある家で育つた子女というイメージかもしれませんが、そんなもの彼女にあるわけがありません。

インタビューシーンで、彼女はふとこんな台詞をもらします。「直ぐに敵を作ってしまう」と。アメリカの理想の人物でなかった彼女はマスコミによって、アメリカの敵になってしまいます。そう言えば、ブッシュさんも、トランプさんも簡単に敵国を作って、愛国心を煽っていました。

何かと言えば、「ファック!」と叫ぶ登場人物たちの言葉は、そのまま豊かで健全なアメリカというイメージへとぶつけられていきます。今年観た「スリー・ビルボード」と並んで、アメリカを描いた傑作です。ラストシーンも、やるなぁ〜というオチです。

因みに母親を演じたアリソン・ジャネイは今年のアカデミー助演女優賞を獲得。最後の最後までどうしようもない母親像を演じきりました。