この書店の店主に会いに行きたい、という新刊書店があります。東京「Title」、博多「ブックスキューブリック」、岡山「スロウな本屋」、そして熊本「橙書店」。

「橙書店」店主の田尻久子さんは、お店の傍ら、文芸誌「アルテリ」を発行されています。最新5号では、「ことば」というタイトルで書かれています。

識字実践活動を続けながら、学校教育から排除され、切り捨てられ、文字の読み書きをできなくさせられた人たちとの出会いと交流を描いた、大沢敏郎「生きなおす、ことば 書くことのちから」をテキストにして、文字がわからないとはどういうことかを自分に問いただします。

「まわりの人に、読めない書けないと知られてしまうことへの不安。どんなに心細いだろう。生命にかかわることもあるだろう。表面に見える不自由しか想像できないということが、いかに人を傷つけるかということに思い至る。」

さらに、「読み書きどころか、ことばそのものを奪われた人たちがいる。」と、胎児性水俣病患者を思います。一言も発することなく、この世を去った人達。彼らは「ことばだけではない。生活そのものが奪われた。」と。彼らだけではなく、美しく、豊かな世界を持っていたアイヌ民族も、土足で踏み込んで来た日本政府によって、その言葉を奪われていったのです。私たちが日頃、何気なく使っている「ことば」について考えさせられます。

このエッセイの最後が素敵だと思いました。「生きなおす、ことば 書くことのちから」の本のことを、田尻さんに教えてくれたお客さんが、橙書店のカウンターで話していた時に差別的な物言いをしてしまった、と反省のメールを送ってこられました。田尻さんも気づかないくらい些細なことでした。メールには

「橙書店だから、気が付いたのかも、と書いてあった。本の目がありますので、そう書き添えてあった。そうか、わたしは毎日、生きていることばに囲まれている、彼女の文章を読んで、思わず襟を正した。」

「本の目」とは、なんと良い言葉でしょうか。静かに書架に収まっている本たちは、その主人たる人間がどれほど真剣にことばに向き直っているのかを、見ているのかもしれません。私も大いに襟を正さねばならないと思いました。

「アルテリ」は3号、4号のバックナンバーも少しあります。また。今月下旬にはナナロク社より、田尻さんの「猫はしっぽでしゃべる」という単行本も出ます。もちろん、当店でも取り扱います。

5月15日(火)から「ほんまわか作品展 紅型染めと小さな絵本」が、始まります。