結城昌治「夜の終る時/熱い死角警察小説傑作選」(ちくま文庫/600円)。純文学系のちくま文庫が、結城昌治の警察小説のアンソロジーを組むとは驚きです。

第17回日本推理作家協会賞を受賞した「夜の終る時」を含めた5作品を収録しています。とりわけ表題作の「夜の終る時」は傑作です。警察官が主役の推理小説ですが、ジャンルを乗り越えた良質な小説です。

結城は、48年東京地検に事務員として就職したものの、肺結核で入院。その時、福永武彦と知り合い、推理小説を読むことを薦められ、50年代後半から作品を発表し始めます。そして63年に発表したのが「夜の終る時」です。実直な刑事が捜査中に行方不明になります。その刑事とやくざとの黒い噂が絶えませんでした。しかし、刑事はホテルで他殺死体として発見され、深まる謎を巡って刑事たちが歩き回ります。

小説の構成は、全体の80%が、犯人探しの本格推理。第二部に当たる残り20%が、犯人の視点から描いた倒叙もの、という独特の構成になっています。そして登場する刑事たちは、総じて地味なのです。昨今の警察小説に登場するようなスーパーヒーローはいません。1961年に始まったTVドラマ「七人の刑事」(と言っても、若い方はご存知ないかも…)みたいなシブいおっさんばかりです。

戦時中、おそらく特高だったような刑事が登場します。「被疑者の扱いは荒っぽいし、捜査も勘に頼って科学性に欠けている。」と描かれています。その一方、戦後育ちの刑事たちは、刑事を仕事と割り切り、「平穏な家庭と老後の安定に小さな望みを託している。どうせ出世の見込みもないのに、仕事のために生活を犠牲にするなどというのは、バカげたことだと考えている」連中が、同じ刑事部屋に詰め込まれています。派手な撃合いも、アクションもない、ひたすら歩き回り、考える刑事たちの日々を追いかけた小説です。

そして、ラストに犯人のこんな心情が綴られています。

「ふいに、海の風景が浮かんだ。おれは、待合室に出入りする人々を眺め、千枝の姿を求めながら、死ぬ場所を考えていた。海は、待合室にこもったタバコの煙のむこうに見えた。ざわめきは潮騒のようだった。」

犯罪にのめり込んでいった、男の悲哀までも描き出しています。こんなアンソロジーを出したちくま文庫はさすがですね。なお、昭和38年に出版された単行本(中央公論社/500円)も在庫しています。