『「ユタカ」とは金を持っていることを言うのではない。「考え方がユタカ」なこと」

だと言い切るのは、高知で活躍するデザイナー、梅原真です。生まれた故郷に拠点をおいて、「一次産業×デザイン=風景」という独自の方程式のもとで、様々な作品を世に送り出しています。例えば、かつおを藁で焼く「一本釣り・藁焼きたたき」、荒れ果てた栗の山から「しまんと地栗」等々。「土地の力を引き出すデザイン」で2016年度毎日デザイン賞・特別賞を受賞しました。

ユニークな活動を続ける梅原真の考えている事、やろうとしている事を、彼がデザインした作品と共に紹介したのが、「おいしいデ」(羽鳥出版/新刊3024円)です。

「今までは、『農薬使わずにできるわけない』という固定観念があった。大量生産、大量収穫を教えられ、疑わなかった。」荒れ放題になった四万十流域の栗山。中国産の安い栗が市場を席巻し、誰も栗を作らなくなり、荒れていきました。そこで、原田は、化学肥料と農薬を使わずに栗を作ることに挑戦し、少づつケミカルフリーの栗農家が増えていきます。

2016年、首都圏のデパートから、フードコレクションへの依頼が飛び込みます。ケミカルフリーの価値を「地」という文字に象徴させるために、「しまんと栗」から「しまんと地栗」にデザインをリニューアルし、さらに◯印の中に、「地」の文字を入れこみます。結果、高級感を助長するような浮ついた感じがなく、生産者の誠実さ、商品の安心感が消費者へ伝わっていきます。原田は「その商品が『誠実に見えているか」というのは大きなポイントであり、誠実さというのはおいしさとイコールに近い。」と語っています。大量生産ラインから生み出される商品には、見つけられない誠実さです。

「昔は暮らしのために経済があった時代で、ちゃぶ台が暮らしの中心にあった。ところがいまは先に経済があるから、未来を語るのではなく経済を語っている。日本の姿を誰も語らないじゃないですか」

本当に価値あるものを探し、支援し、デザインの力で世間に広げてゆく。効率最優先のフード業界に挑戦してゆく原田を、糸井重里は「梅原真というおっさんは、なんでもやりよるデ」と帯に書いています。どことなく、関西の馬力あるおっさんの仕事ぶりを読んでいる気分になってきました。お薦めです。

 

★レティシア書房「夏の一箱古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)開催

★★ネイチャーガイド安藤誠氏の「安藤塾」は10月27日(土)に決まりました。参加ご希望の方は電話、メールにてご連  絡下さい