2012年12月、出町柳商店街を特集した「気になる京都1号」が発売されました。

当初、こちらの感覚ではそんなには売れないかもなぁ〜、とちょっと思ったりしてました。が、そんな杞憂など吹き飛ばす売行きで、15年には三条商店街を特集した2号を出版、翌16年にはパン屋さん特集の3号が出ました。どの号も未だ売れ続け、ミニプレス平台の一等席を占拠し続けています。

そして最新号はカフェのモーニング特集です。

「近所のおじちゃんは今日もあの席に座っている。トーストを食べ終えて、週刊誌を読みながら珈琲を飲んでいる。そんな喫茶店の『モーニング』風景。」

この本を一人で編集した太貫まひろさんは、市内のカフェを週末の楽しみに回りました。掲載されているどの店のモーニングも、実に美味しそうです。

レティシア書房のご近所さん「COFFEEポケット」は、通る度に気になっていました。雑穀パンを使用したサンドウィッチは、すぐにでも噛りつきたくなります。また、あっという間に無くなる「Cafe廻廊」のモーニング。太貫さんは「ほどなく運ばれてきたトーストは、宝石のように美しかった。」と表現されています。だいたいトーストと珈琲という献立ですが、それぞれ個性的です。

太貫さんは、さらに足を伸ばし、モーニング発祥の地と言われる愛知県一宮市に出向きます。一宮商工会議所が中心となって作成したモーニングマップを手にして、向かったお店は「グリーンカフェ」。ドリンク代のみで、モーニングサービスが6種類も用意されているのだとか。彼女が選んだのはサラダセット。「ホットコーヒーだけの値段で何が出てきたかと言えば、サラダ、コーンスープ、ゆでたまご、ポテトサラダ、オレンジ、クロワッサン!ここまでサービスして頂けるとは・・・。さすが発祥の地、これはまごうかたなき『文化』である。」と大満足だったみたいです。

約101件のモーニング情報が掲載された「おさんぽMAP」も付いていますので、この地図を参考にしながらモーニング巡りはいかがでしょうか。

ところで、この号の最終ページに紹介されている喫茶店は、店の名前、場所はシークレットになっています。フットボールが好きな店主が、このスポーツに因んだ名前を付けたとか。美味しそうなサンドウィッチが目を引きます。さて、どこの店なのでしょうか?

「気になる京都」1〜3号は864円、4号は950円です。